2007年07月28日

津田沼発1

由香
 津田沼に住んでいる人に耳寄りな情報はありませんか。

 津田沼に住んでいて、いいことといえば、秋津のサッカー場と野球場かなー。
由香
 サッカー場と野球場なんてどこにでもあるでしょう。

 サッカー場では全日本の代表チームが、海外遠征の直前合宿を行うんじゃ。今やっているアジア大会の代表チームも、秋津のサッカー場で合宿をしてから旅立っていったんじゃ。
由香
 そうすると、オシムジャパンの選手が見られるんですか。

 秋津のサッカー場のゴールの後方は、スタンドがないからいくらでもみられるよ。日本代表はここで、地元の高校や大学のサッカー部と練習試合をしてから海外遠征にいくんじゃ。
由香
 そうすると、サッカーの日本代表が直前合宿に入ったというニュースを聞いたら、秋津のサッカー場にくればいいということですね。

 冬には、全国高校サッカーの1回戦と2回戦が秋津で行われる。12月28日とか29日あたりになると、トーナメント表ができあがるので、秋津で行われる試合の情報を得ておくといいよ。ゴール後ろで見れば、ただで見られるし、入場料を払ってスタンドで見るのもいいね。
由香
 高校野球の千葉県大会も1回戦と2回戦が秋津で行われるんですね。今年は習志野高校は、3回戦くらいで負けてしまったようで残念ですね。
posted by 絢 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

国道14号52

由香
 立場の小林家のところまでいけば、あともうすぐ前に信号がありますね。

 この信号で津田沼街道も終点じゃ。わずか3キロほどのところを歩くのに、1年以上もかかってしまったね。
由香
 信号の手前は、おそば屋さん、信号のむこうはガソリンスタンドがありますね。

 ここから谷津までの国道14号沿いには、以前は4つくらいガソリンスタンドがあったんだけれど、今はここだけになってしまった。ここがなくなると、この先の京葉道路幕張インターを越えていかなければならない。
由香
 京葉道路の向こう、幕張の方へ行くとガソリンスタンドがたくさんありますね。

 しかし、この幕張インター下の道路はたいへんに混むんじゃよ。ガソリンを入れに行くのに時間がかかってしまう。だからこの津田沼街道の終点にあるガソリンスタンドには、がんばって営業を続けてもらわんと困るんじゃ。
由香
 これにて、「 津田沼街道を歩く 」は、一応終了ということになりますね。

 記録に残しておきたいと思ったことはだいたい話したと思う。毎日100人を超える人々がこのブログを見てくれているので、わしの話もしばらくは伝わってゆくことじゃろう。
由香
 これから先はどうするんですか。書き足して行かないと、ブログ自体がプロバイダで消されてしまいますよ。

 前にも話したが、習志野市のことを検索していると、このブログに行きつく人が多くなってきた。大部分がそうかもしれん。
由香
 すでに記録として残っているということですね。

 これから先は、ブログが消えない程度に、市内の話題を取り上げて語っていこうと思う。
由香
 それではこれからもよろしくお願いします。
 
posted by 絢 at 05:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

国道14号51

由香
 爺さん、津田沼小学校の卒業生から、コメントが入っていましたよ。今度は年配者からですよ。

 その中に、たいへん気になることが書かれておる。「 作業では、校庭西側の土を掘ると、人骨と貝殻がたくさん出てきたのを覚えています。 」、というくだりじゃ。
由香
 集団虐殺の現場でしょうか。

 何を言うとる。貝塚じゃよ。
由香
 あのあたりは高台ですから、縄文時代の海が内陸まで入っていた時代でも、陸地だったところですね。

 だから貝塚が発見されてもすこしもおかしくない。津田沼小学校からマロニエ通りを越えて階段を下ると、今でも貝殻がたくさん顔を出しておる。
由香
 自動車のセルフ洗車場がある信号を渡って、マロニエ通りから商工会議所の駐車場がある方へおりる階段ですね。たしかにあの階段をおりて左側の斜面を見ると、たくさん貝殻が見えますね。

 つまり、津田沼小学校の校庭西からマロニエ通りにかけて大きな貝塚があると言うことじゃ。人骨と貝殻が、今発見されたら、大発見ということで話題になったかもしれんが、昭和30年代では廃棄されてしまったかもしれん。
由香
 関東大震災の犠牲者を埋葬した場所だったんじゃないですか。当時は土葬だったでしょう。

 その可能性もあるが、広い面積で貝殻が分布していることから、貝塚の可能性の方が高いじゃろう。なにしろ千葉県は世界一貝塚が多いんじゃから。
由香
 今、市では、第一中学校から谷津図書館のある、いわゆる谷津貝塚をあちこち発掘していますが、一度津田沼小学校の校庭を発掘してみるのもいいかもしれませんね。

 当時を知る人に、人骨が出てきた場所を聞いて、掘り起こせば、住居跡や縄文土器が出てくる可能性もある。
由香
 小学生にとっては、発掘がどのような方法で行われるのかの最高の学習になりますよね。ぜひやってほしいですね。

posted by 絢 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

国道14号50

由香
 立場の小林家について、もう少し説明してください。

 建場、あるいは立場は、江戸時代の宿場のはじにある茶店のことをいう。次の宿場へ向う旅人は、ここで腹ごしらえをしてゆくだろうし、隣の宿場からやってきた人は、ここでお茶でも飲んでいっぷくするところじゃ。
由香
 そうすると、今ではマンションになってしまったここが、江戸時代の鷺沼の一番はじだったところですね。それで、お墓というのはどれですか。

 この茶色いマンションの手前に車が通れないくらいの狭い小道があるだろう。
由香
 電信柱が立っているあの小道ですね。

 その入口に墓石が、1年くらい前まであったんじゃ。
由香
 どうしてそんなところに墓石があったんですか。ここは墓地じゃないんですよ。道ですよ。

 今から300年近い昔、鷺沼の海岸に一人の旅人の死体が流れ着いた。その遺体を葬って、墓石を立てたんじゃ。
由香
 そうすると、300年間もここに立ててあった墓石が、去年なくなったというんですか。どこへ行ったんですか。墓石に足が生えたんですか。

 足が生えたら、幽霊じゃ。たぶん、慈眼寺あたりへ移したんじゃあなかろうか。
由香
 昔の人は、遺体が流れ着くと、わざわざ墓まで造ってやっていたんですか。そこまで親切にするものなんですか。

 江戸時代の旅人は、みんな歩いて旅をした。そうすると、いつなんどき、急病などで行き倒れになるかわからん。そこで、旅先で急死したときのために、書状をもっていた。
由香
 何と書いてあったんですか。

 簡単に言えば、もし自分が旅先で亡くなったら、ここに持っているお金で埋葬してください。故郷に、自分が亡くなったことを知らせてもらわなくても結構です。てなことが、書いてあったんじゃ。
由香
 そういう貴重な墓石が300年近くもここにあったのに、去年なくなってしまったなんて、残念ですね。

 谷津の大日堂、源吾衛門の楠、鷺沼の行倒れの墓石と、次々と歴史の証人が消えていく。
由香
 残念ですね。
posted by 絢 at 14:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

国道14号49

由香
 鷺沼の国道14号の両側には、まだ木造の伝統工法の家が、いくつか残っていますね。

 数年前に、大きな鬼瓦が乗っていた木造の倉庫が取り壊されてしまった。ここを通るときの楽しみな景色だったが、残念じゃ。
由香
 今、世界的に、景観を保存しようということが言われますが、あの倉庫も鷺沼の景観だったことが、なくなってみてわかりますね。

 鬼瓦に名前が刻まれた家がいくつかあるじゃろう。
由香
 名前が、右から書かれている鬼瓦が一つだけありますね。

 戦前からある古い建物であることがわかるね。平屋、つまり1階建ての建物ほど古いんだよ。
由香
 2階建ての建物は、まるでお城のような感じがするものがいくつかありますね。

 このあたりの海岸を埋め立てるときの漁業権の補償金で建てられたものが多いので、昭和40年代の建築物じゃろう。
由香
 そうすると、この2階建ての伝統的な建物も、築40年になるんですね。なんとか、このまま保存してほしいものですね。

 もうすぐこの津田沼街道も終点の信号のところに行きつくが、その手前に、こが動物病院がある。その2軒先のマンションになってしまったところが、建場の小林家だったところだ。
由香
 「 たてば 」と読むんですか。立場と書くこともあるんじゃあないですか。

 これも残念なことに、地元では有名な墓石が、去年当たりになくなってしまった。
posted by 絢 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

国道14号48

由香
 爺さん、丹生神社のお祭は、今も行われているのかという質問ですよ。

 それは谷津の住人の方からのコメントを待つとしよう。わしは津田沼専門で、お隣の谷津や鷺沼のお祭には詳しくないんじゃ。
由香
 どなたか、丹生神社のお祭についてコメントをくださいね。

 ついでに言うと、鷺沼の八剣神社のお祭についてのコメントもお送りいただくとありがたい。とうとう鷺沼まできたんじゃから、そういう情報も知りたいんじゃ。
posted by 絢 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

国道14号47

由香
 コメントでは、丹生神社のお祭が楽しかったと書かれていました。

 子供の頃のお祭は、年寄りになっても、住むところが変わっても、楽しい思い出じゃよ。
 そういえば、昨日と一昨日の土日は、菊田公民館の子供祭があったのう。あの祭では、習志野市が誇る、全国金賞受賞の五中の吹奏楽が聞けるのと、ぜんぜん怖くないお化け屋敷が名物じゃ。
由香
 2台あるワタアメの機械の1台が壊れてしまったので、1時間待ちの大渋滞になってしまったようですね。

 金魚すくいにザリガニ釣り、コメントにも書いてあった、クレープの皮だけのような奇妙なお好み焼きも売れておったぞ。
由香
 突然、コガネムシやカナブンがたくさん飛んできたそうですよ。カミキリムシを捕まえた人もいました。

 これからの季節は、キラット祭に盆踊りと、一生記憶に残るお祭の連続じゃ。十分に楽しんでおかないと、後悔するぞ。
由香
 そういえば、去年は、オニヤンマにギンヤンマ、玉虫に、関西に多いクマゼミまでいましたから、今年はもっと昆虫が戻ってくるかもしれませんね。

 夏休みももうすぐ。楽しい季節の到来じゃ。
posted by 絢 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

国道14号46

由香
 爺さん、また新しいコメントが入っていましたよ。丹生(にゅう)神社を、タンセイ神社と呼んでいたそうですよ。

 前にも話したが、丹生神社は、江戸初期に、紀伊和歌山から、谷津に移住してきた織戸さんたちが、故郷の丹生都比売( にふつひめ )神社を、この地にも祭ったのが始まりじゃ。1655年の創建じゃと言われておる。
由香
 そんな漢字の多い神社は聞いたことがありません。

 関東ではあまり聞かんが、関西では高名な神社じゃ。
由香
 どこにあるんですか。

 総本社は、和歌山県伊都郡かつらぎ町にある。国の重要文化財になっておる本殿4棟と楼門は、世界遺産にもなっている。
由香
 世界遺産の神社の末社ですか。

 いわゆる熊野古道という世界遺産は、「 紀伊山地の霊場と参詣道 」、が正式名称じゃが、その霊場の中に丹生都比売神社も入っておる。
由香
 世界遺産にもなっている、にふつひめ神社の末社だから、にゅう神社と読まなければいけないんですね。

 たんしょう神社とかタンセイ神社と読む人が多くなっているが、谷津の地(じ)の人なら、必ずにゅう神社と読むはずじゃ。
由香
 現在の建物はいつ建てられたんですか。

 市の発行している本には、文化8年(1811年)と書かれている。
由香
 約200年前の建物ですが、文化財には指定されていないんですか。

 文化年間の建物なら、市の指定文化財になってもおかしくないし、国の登録有形文化財にもできる。
由香
 どうして文化財にならないんですか。

 まず、市が建物の調査をして、建築様式や、棟札などの証拠から建築年代を確定し、図面を作る。そこから始めなきゃならんが、全くなされていない。
由香
 習志野市内の寺社で文化財になっているものは一つもありませんが、文化財としての価値がないからでしょうか。

 丹生神社と鷺沼の八剣(やつるぎ)神社は、同時代の建築といわれているので、この2社は市の指定文化財になってもおかしくない。久々田の東漸寺は、わしの調べたところでは、大正初期、大正3年頃の建築なので、国の登録文化財になる。菊田神社も、明治中期、明治29年頃の建築なので、国の登録文化財になる。
由香
 すくなくとも4件が、国や市の文化財にできるのに、どうしてならないんですか。

 過去の地元の文化を大事にしようという人が、行政の中にいないということじゃあなかろうか。なにしろ、市の課長級の人でも、タンショウ神社と言っているんじゃから。
由香
 それに、唯一、郷土資料館のない市ですからね。
posted by 絢 at 17:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。