2009年06月27日

津田沼09−39

由香
 爺さん、昨夜のセブンイレブン前の交通事故は17才と18才の二人の高校生が亡くなるという大事故になってしまいましたね。

 今日は用事があって、朝6時半頃に現場を通ったんじゃが、ものすごい大量の血が流れたあとがあった。なにしろ近くの側溝に血が流れ込んだ後がついていたから、これはすごい量だと思った。まさか二人分じゃとは思わんかったよ。
由香
 あれを見ると、その場で失血死したと思われますね。

 昨夜見た救急車は、ブルーシートで覆って、被害者を搬入していた。よほどひどい状況じゃったんだろう。すでに息を引き取っていたかもしれん。
由香
 袖ヶ浦と谷津に住む高校生で、それぞれ別の県立高校らしいですね。

 わしは、夕方6時50分頃に再度、現場を通ったが、高校生らしい若い男女が集まっていたよ。同級生じゃろう。朝は花束が1つしか置いてなかったが、夕方はたくさん積み上げられていたよ。
由香
 一つ気になったのは、花束の横にタバコがたくさん置かれていたことです。どうして未成年の死者に、タバコをたくさん置くんでしょう。故人は、よほどタバコが好きだったんでしょうか。
 もう一つ疑問は、わいがや通りの制限速度は時速30キロですよね。30キロでぶつかって、車やオートバイが、あんなにも大破するものでしょうか。

 車は、セブンイレブンに右折で入ろうとしていたから、たいしたスピードではなかろう。運転していたのも中年の女性じゃからなあ。そうすると二人乗りの400ccのオートバイの方が、かなりのスピードで走っていたかもしれん。目の前に、突然、右折車が入ってきても、対応できないくらいのスピードを出していたかもしれん。時速40キロ以下のスピードで、死者が出ることは、あまりないといわれているんじゃから。
由香
 高校生の死者の事故現場に、同級生たちが、たくさんタバコを置くことに、私は違和感を覚えましたが、先生方はあれを見て、どう感じられたでしょうね。聞いて見たいものですね。

 なにはともあれ、関係者はこれからたいへんなことになるよ。事故だけは、起こさんように、お互いに気をつけよう。
 故人には、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、としか言いようがないよ。









posted by 絢 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

津田沼09−38

由香
 爺さん、今日もまた大事故ですね。

 わしも今現場から戻ってきたばかりじゃ。
由香
 6月26日午後9時15分くらいに、わいがや通りを、国道14号方面からきた車が、右折でセブンイレブンに入ろうとした。そこに京成津田沼駅方面からきたオートバイが、まともに衝突した。はねとばされたオートバイはもう一台の車にもぶつかった。合計3台が関係する事故になりました。

 オートバイは大破して、ガソリンが流れ出ていた。セブンイレブンの来店者が、バイクの運転者を救護したようじゃが、車の前面の破壊状況、バイクの破壊状況を見ると、かなりな重症じゃあないかと思われる。バイクのハンドルは両側とも、ふにゃっと曲がっておった。
由香
 見物人がすごかったですね。寝巻き姿の人がたくさんいたのが、おかしかったですね。

 夜の事故じゃからしかたない。セブンイレブンの人が、防犯カメラに事故が映っていると思うといっていたよ。
由香
 そういえば、4、5年前に、国道14号の旧タイヤ館あとのセブンイレブンに入ろうとした車と、オートバイの衝突事故を爺さんは目撃したんですよね。その車のすぐ後ろを走っていたんですよね。

 セブンイレブンに入ろうとする車は、駐車場の空き具合の方が気になって、対向車を良く見ていないんじゃあなかろうか。セブンイレブンのあるところでは、いや、コンビニのあるところでは、オートバイの運転者はよほど気をつけないと危険であるということを、教育すべきだと思うよ。
由香
 今日は、今事故現場から戻ってきたばかりということで、この辺で報告を終わりましょう。より詳しいことがわかれば、再度報告いたしましょう。











posted by 絢 at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

津田沼09−37

由香
 じいさん、たいへんです。今日、津田沼6丁目で、事件がありました。

 何があった。
由香
 現場にいたわけではないので、詳しいことはわかりませんが、白鳥製薬の正門付近で、ひったくりがあったようです。

 ようするに、強盗じゃな。怪我人が出たのか。何時頃のことじゃ。
由香
 午後3時半頃のようです。三橋眼科の五差路から白鳥製薬の正門へ行く、昔は横道と呼ばれた細い道がありますよね。正門を少し過ぎたところの雑草が生えている駐車場から犯人が出てきて、ひったくったようです。壁に血痕がついているという人もいましたが、正確にはわかりません。

 あの道は、昼までも人通りが少なくてさびしい道じゃ。わしなど、暗くなったら絶対に通らないようにしている道じゃ。
由香
 真昼間からひったくるなんて、大胆な犯行ですね。犯人は国道14号の方へ逃げたようですよ。

 あのあたりの細い道は、どこも危険な道じゃ。わしは、夜、後ろからバイクの音がすると、立ち止まって、バイクが通りすぎるまで見ているようにしている。引ったくり犯のような感じのするバイクに出会うことは、ときどきあるよ。
由香
 白鳥製薬の正門前の道は、津田沼小学校の3年生以下の低学年の通学に指定されている道ですよね。わたしは、まえまえから、あの細くて危険な道を低学年の通学路にしていることに疑問を持っていました。どうしてわいがや通りに出る道を通学路にしないのかと疑問に思っていました。

 どちらの道を通学路にすべきか、小学校の先生方によく検討してほしいもんじゃのう。













posted by 絢 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

津田沼09−36

由香
 じいさん、コメントが入っていましたよ。

 「 げげげっ。市長ってそんなに貰えるんですか?驚きました。

現市長は選挙で不正投票の細工をしていると
以前騒がれたことがありましたが、そんな高給ならどんな手を使っても市長を続けようとするでしょうね。

あと習志野市の住民税って他よりかなり高いですよね。今は違うのかな?10年くらい前は間違いなく割高でした。

それもそんなことのために使われてると思うと腹が立ちます。この酷い現状を多くの習志野市民に伝えたいものです。

与助 」


 最近は、おかしなコメントが入るので、消したら、与助さんのも消えてしまった。ここに再現させてもらうよ。
由香
 マロニエ橋に住んでいる動物の話で、止っていますね。

 おおそうじゃった。マロニエ橋には、以前はたくさんの動物もどきが生息していたが、心無い人が壊してしまったのか、今は3匹しか確認できていない。以前は十数匹いたんじゃが。
由香
 それはなんですか。

 リスの形をした置物がおかれておる。
由香
 それじゃあ、こんど、何匹リスがいるか数えてきますよ。












posted by 絢 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津田沼09−35

由香
 爺さん、次の言葉に間違いがあるでしょうか。
 熊谷市長は新千葉市長。
 千葉市長は、市川市長
 市川市長は、千葉市長。
 千葉市長は、熊谷市長。

 何のことだか、さんぱりわからん。間違いがあるんじゃなかろうか。
由香
 実は、間違いが全くないんです。市川市の市長は千葉光行という方が市長ですから。

 そういえば、千葉市の熊谷市長というのは31才という若さじゃな。就任早々、市長の3300万円の退職金を半額にし、自分と、局長級の給料の減額も打ち出した。
由香
 そうなると、習志野市の市長の退職金2052万円よりも、400万円も低くなりますね。

 習志野市の市長を4年間やると、給料、ボーナス、退職金で、総合計8300万円くらい支払われる。助役で6300万円くらい、収入役と教育長が5500万円くらいじゃ。
由香
 たった4年間でこんなにもらっていいんでしょうか。そのほかに交際費や専用車があるんでしょう。市の借金は900億円以上もあるというのに、議会も特別職も気楽なもんですね。個人の家庭なら破産していますよ。

 習志野市は、平成15、16年度の決算で、全国の700都市の中で人件費率が2番目に高いという結果が出ている。
由香
 現在の市長は多選を批判して登場したのに、もう4期目で、自ら多選の中に入っていますよね。退職金だけで、8200万円も、もらえることになりますよね。

 千葉市の若々しい新市長が、財政再建を実現すれば、全国に若い市長が誕生するんじゃあなかろうか。習志野市にも、若い市長の誕生を期待したいもんじゃ。


自由テキスト





自由テキスト






posted by 絢 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

津田沼09−34

由香
 爺さん、たいへんです。船橋に続いて、習志野でも新型インフルエンザが発生しました。

 どこで発見された。
由香
 五中です。五中の学区内の小学校は、12日の金曜日から17日の水曜日まで休校になりましたよ。

 どこの小学校じゃ。
由香
 津田沼小学校、鷺沼小学校、大久保小学校、藤崎小学校です。

 その下の幼稚園も休園になったのか。
由香
 知りません。たぶんそうでしょう。

 熱が出たらどうすればいいんじゃ。
由香
 習志野保健所の発熱相談センター、047−475−5151に電話したらいいそうです。

 病院へ行った方が良くないか。
由香
 病院は、人に新型を移すか、移される恐れがあるので、行かない方がいいそうです。

 関西で問題になったが、保育所に預けている人は、どうするんだろうか。
由香
 知りません。

 船橋ではかなり広まっているようじゃなあ。
由香
 船橋方面には行かない方がいいですよ。

 なんだか熱っぽくなってきたような気がする。
由香
 年寄りには、あまり移らない病気のようですよ。












posted by 絢 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

津田沼09−33

由香
 爺さん、おめでとうございます。

 どうした、宝くじにでも当たったか。
由香
 爺さんの話が始まって、3年が過ぎ、今日から4年目に入りました。よくまあ、飽きもせず、話しつづけられるものですね。

 総投稿件数は421件じゃ。自分でも、よく話が続くと感心しているよ。
由香
 特に、数日前の6月1日は、1日の閲覧者が224人と、過去最高を記録しました。

 習志野市の総人口は16万人で、世帯数は6万7千もある。そこから比べると、微々たるもんじゃ。
由香
 ところで、津田沼街道を再び歩き始めて、習志野郵便局まで来て、止ったままですね。

 マロニエ通りの郵便局の反対側には、最近、津田沼中央総合病院の新しい建物ができた。最近の建物は、あっという間に完成してしまうなあ。
由香
 あれだけ大きな建物なのに、知らないうちに完成していましたね。工事の早さには驚きますね。

 しかし、最近の建築は、早くて安くて、地震にも強いのかも知らんが、全く味わいのない建物が多いなあ。郵便局といい、中央病院といい、建物自体に目を引きつけるものが全くない。
由香
 最近の建物は、耐震性と経済性だけで、できていますから、やむをえませんね。

 つぎは、マロニエ橋を渡ることになる。マロニエ橋に住む動物について、話をしようかな。
由香
 マロニエ橋に動物が住んでいるんですか、そんな話は聞いたことがありません。たぬきでもすんでいるんですか。

 そのまえに、最近、小倉珠算学院がホームページを開設したという。めでたいことじゃ。












posted by 絢 at 13:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

津田沼09−32


 ハンドブックというのは何のことじゃ。
由香
 知らないんですか、習志野市の行政サービス、健康・福祉に教育、文化、スポーツ、歴史巡りまでのすべてを1冊にまとめた、小冊子ですよ。市役所の受付で「ハンドブックをください。」といえばくれますよ。

 それは便利な本じゃ。
由香
 以前は、市外から習志野市に移転してきた方に、市のことを早く知ってもらうために渡していたものです。10数年前と比べると、格段に情報量が増えたハンドブックになっているそうですよ。

 昔からいる市民にはくれないのか。
由香
 数年前までは、転入者にだけ配っていたのですが、ある市民が、「ほしい人には、差し上げるのが行政サービスではないか。」と言ってきたため、それ以後、だれにでも渡すようになったようですよ。

 習志野市のことが、すべて書いてある本なら、すべての市民がもっているべきじゃから、当然のことじゃなあ。
由香
 京成津田沼駅の駅ビル、サンロード五階の市役所の分室みたいなところには、誰でも持っていけるように、積み上げてありましたよ。

 図書館や公民館でも、積み上げておいてくれたら、便利じゃあなかろうか。
由香
 そうなっていくと思いますよ。この冊子のことは、かなり知られてきたように思いますから。
 ご家庭に、市のハンドブックのないかたは、是非1冊入手されると、いいと思います。









posted by 絢 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

津田沼09−31

由香
 爺さん、気味が悪いですね。

 そうじゃな。どうして立って居るんじゃろうか。
由香
 年のころは50代じゃあないですか。

 ジーパンをはいて、上着は灰色や白っぽい服じゃなあ。髪が長く、幽霊のような顔をしている女じゃ。
由香
 先週の土曜日から、津田沼のあちこちに立つようになりましたね。

 わいがや通りのバス停、ほかほか弁当屋の近く、津田沼5、6丁目のいろんな場所に立っているね。津田沼小学校の周辺にも立っているそうじゃよ。
由香
 皆さん、実は、先週の土曜日頃から、年齢50代くらいの女性が、幽霊のように、津田沼のあちこちに、朝から晩まで、じっと立っているんですよね。場所は、数時間ごとに変えているようですね。
 自分の家の前で、何時間も、幽霊のような雰囲気の女に、立たれたら気持ち悪いですよね。

 何か、事件が起らなければいいが。
 市役所の方も、この話を聞いておられるじゃろう。ここで初めて聞かれたかもしれんが、最近、変な女性が、津田沼のあちこちで、ずっと立っていて、みんなから気味悪るがられている。何か事件が起ってからでは遅い。市役所、あるいは保健所で、あの女性を保護してやった方がいいのではなかろうか。近所に住んでいる人かも知らんが、なんとか対応してやった方がいいのではなかろうか。
由香
 病気だったら、事件を引き起こすこともありえますからね。
 ところで、話は変りますが、6月1日から7日までは、水道週間ということで、市役所の玄関、受付に行くと、お花の種やペットボトル入りの保存水をプレゼントしてくれるのを知っていますか。

 知らん。プレゼントがあるのか。それなら行ってみようか。
由香
 ついでに、受付で、今年のハンドブックをくださいといえば、いいと思いますよ。

posted by 絢 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。