2011年03月25日

津田沼11−16


 今日は、自転車で習志野の岸壁から、マリーンスタジアム、幕張メッセ、幕張のドンキホーテ、それから鷺沼をへて、津田沼へ戻ってきた。
由香
 自分の目で、被害状況を見てきたわけですね。

 習志野の岸壁の堤防の内側の舗装道路は、以前は平らな道路じゃと思っておったが、今日見たら、一部分が30度から40度くらいの斜面になっておった。
由香
 道路の陸側が隆起して、斜めの道路になっているわけですね。

 海浜霊園の横を流れる菊田川の護岸が100mくらいに渡って崩れ落ちていた。
由香
 霊園は、断水しているようですよ。立入禁止になっているところもあるそうです。

 マリーンスタジアム周辺は、きれいに清掃されていて、液状化の痕はあまり見られなかった。メッセの展示場から高層ビル街は、一部を除きほとんど被害がなかった。かなり頑強に道路や歩道を工事したんじゃなかろうか。見事なくらい、被害が少なかった。
 それに比べ、海浜幕張駅周辺はひどい状況じゃった。液状化で浮き上がった建物がいっぱいあった。
由香
 ホテルはどうでした。

 ホテル周辺は、どこのホテルでも全く異常がなかった。ホテルと高層ビル街、それに展示場は完全にガードされていたというわけじゃ。
由香
 幕張のドンキホーテはどうでした。

 ドンキホーテ周辺の建物や国道14号には異常は全くなかった。異常は、国道と建物の間の歩道にあった。幅3メートルほどの歩道に敷かれている着色されたブロック(インターロッキングブロック)が、めくれあがっているところがたくさんあった。
 ドンキホーテから鷺沼方面の歩道のブロックはかなりめくれているところがあったよ。
由香
 23日に、じいさんの「大正6年の大津波」の話をしたら、すごいですね、過去最高、1日で、900件を越えるアクセスがきました。

 今回の天災は予想を越えるひどい被害をもたらしている。過去に東京湾でも、たいへんな被害をもたらした津波があったことを、ぜひ知っておいてもらいたいもんじゃ。
由香
 再度言いますが、詳細は、すぐ左のサイドバーの「大正6年の大津波と津田沼」をお読みください。
posted by 絢 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

津田沼11−15

由香
 じいさん、その後の被災状況の話はありますか。

 特にはない。幕張メッセは埋立地であるにもかかわらず、重要な部分には被害がなかったという話じゃ。高層ビルを林立させるについて、地盤をかなり強固に舗装したようじゃなあ。周辺の、千葉マリーンスタジアムやマンション街、公園、海浜幕張駅は液状化しておるようなのに。
由香
 千葉ロッテマリーンズのオープン戦やメッセのイベントは中止になったようですよ。
 それにしても、地震発生後、じいさんの過去の「大正6年の大津波」の話は、たいへんなアクセスでしたね。

 地震発生日の11日から昨日の22日までで、2500件のアクセスがあった。今でもこの話だけで、毎日200件以上のアクセスがある。
由香
 東京湾で過去に大津波の被害があったということをブログで詳細に記録している人が、じいさんくらいしかいなかったということですね。

 そんなこともなかろうが、現在では誰も知らない過去の事実を、話しておいてよかったと思っている。かなり多くの方に高潮の話を聞いていただいたようじゃ。
由香
 同じ期間の総アクセスが5500件くらいですから、関連も含めると3000件以上のアクセスが、東京湾の津波の話に集中したようですね。 
 詳細は、すぐ左のサイドバーの「大正6年の大津波と津田沼」をお読みください。
posted by 絢 at 18:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

津田沼11−14

由香
 津田沼は停電予定地域からはずされましたね。

 津田沼駅は、JRの大規模な車両基地である幕張車両センターから、電車が供給される場所じゃ。
由香
 つまり中央総武線、総武線快速、内房線、外房線、横須賀線などの車両の、センターからの出入り口になっているわけですね。

 幕張車両センターには650両くらいの、電車、貨車、気動車が配置されている。
由香
 これだけ大量の電車の出入り口になっている津田沼駅の電気を停めるわけにはいかないという理由でしょうか。

 確かなことはわからんが、津田沼にはもう一つ、京成津田沼駅がある。ここは成田空港へ行く京成本線の特急が止る主要駅であると同時に、松戸へ行く新京成線と京成千葉線の起点になっている。
由香
 こうした二つの重要な駅があるんで、停電で真っ暗にするわけにはいかないからでしょうか。

 習志野市は、千葉県では、浦安市についで2番目に小さい市であるにもかかわらず、二つの重要な駅と千葉工業大学、日大生産工学部、東邦大学などの研究施設もある。大きな病院も4つある。停電になると大混乱するじゃろう。
由香
 浦安市は停電しているそうですよ。液状化で建物が沈んだり、道路に段差や亀裂ができたり、マンホールが飛びあがっていたりしているそうです。ディズニーランドも開園できないそうです。

 浦安は、埋立で市域を広げたからじゃ。現在、4万戸近くが断水し、ガス管や下水道は、ずたずたになっているそうじゃ。激甚災害を申請するというくらいひどい状況じゃ。
由香
 浦安は、大正6年の大津波で水没した以来の大災害ですね。東北の被害がひどすぎるので、浦安の話は全く聞かれませんね。自衛隊に協力を要請しているそうですよ。

 ところで、みはし湯の煙突は隣の店を直撃したんではないそうじゃ。店は単独で火災を起こして焼失したそうじゃ。地域新聞の船橋よみうりも間違えた内容になっておるよ。
由香
 東漸寺の山門も危険な状況で、建て替えるそうですよ。コンクリートの門は危険ですね。

 さっき袖ヶ浦西近隣公園に行ったら、給水車を待っているような人達がいた。液状化で水道管が破損してしまったんじゃろう。1週間たっても断水しておるようじゃった。
由香
 袖ヶ浦団地の中央通りから南側の液状化がひどい状況ですね。復旧には3カ月かかるという話もありますよ。
posted by 絢 at 10:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

津田沼11−13

由香
 その後の習志野市内の被害状況はわかりましたか。

 コメントにもいただいたように、みはし湯の煙突が倒れ、北側の小料理店を直撃したように見える。店が崩壊していた。
由香
 煙突が電線を引っ張ったので、わいがや通りの電柱が引っ張られ、完成したばかりのホームクレバーのビルの正面にぶつかって、外壁を崩してしまったようですね。

 吉野園さんの家の棟瓦が壊れた様に、古い和風住宅の棟瓦が壊れている家がいくつか見られたね。
由香
 ブロック塀が倒れた家も数軒、石の塀が倒れた家もありました。人が下敷きにならなかったのが幸いでしたね。津小の通学路で倒れていましたので、通学時間だったら犠牲者が出たかもしれません。
 個人の家の庭園の石灯篭が倒れている家が数軒ありました。

 津田沼小学校も、西校舎は問題ないが、東校舎は水が出なくなって、トイレが使えないそうじゃ。給食は新学期まで中止となっている。春休み間近でよかったよ。
由香
 商店はどうでしょうか。

 午後になって、むしょうにパンが食べたくなって、まずモリシアへ行ったら完全に店が閉まっていた。津田沼中央病院の近くのファミリーマートにもセブンイレブンにもパン類、カップ麺類がなくなっていた。スリーエムでもなかった。
由香
 わいがや通りのセブンイレブンには、カップ麺類はたくさんありましたが、パン類、お弁当類は全くありませんでした。

 最後にマルエツに行ったところ、ここでもパン類が全くなかった。しかたなく、ビールや酒類を買ってレジの行列に並んでいると、前のほうに並んでいる人が、コッペパンや食パンを持っている人がいた。
由香
 最初からマルエツに行っていれば、パン類が手に入ったかも知れませんね。モリシヤから行ったのが間違いでしたね。

 アンポンタンに行っても、パンが全くなかった。人はどうして災害の時に、パン類を買い占めてしまうんじゃろうか。
由香
 お酒類はたくさん残っているのに、弁当、パン、カップ麺がなくなっていましたね。

 こういうときほど普段通りの買物をしてほしいなあ。
由香
 千葉街道を東京方面に歩いている人が、たくさんいましたね。お昼近くになると、逆に千葉方面に戻っている人が多くなりましたね。出勤をあきらめて、帰宅していたんでしょうね。

 自転車も多くて、自転車同士の衝突事故も目撃したよ。あしたは、交通機関はどうなるんじゃろう。JRが動かないと、みんなが困るよ。

posted by 絢 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

津田沼11−12

由香
 爺さん、東北地方太平洋沖大地震の習志野市内の被害状況はどうでしたか。

 国道14号を境に、北側の旧市街は、地盤に別段のことがなかった。わしが、旧市街は砂地で、砂がクッションになって揺れを吸収してくれると思っていた通りの結果じゃ。ただ、古い建物は屋根が壊れているところがあった。
由香
 問題は、南側の昭和40年代以降に埋めたてられた地域ですよね。

 スーパーマルエツの南側の袖ヶ浦団地へ行くと、かなり多くの場所で液状化がおこっていた。地面のあちこちから砂が噴き出した跡があった。袖ヶ浦西近隣公園までずっと、液状化の跡が残っていたが、4階建ての団地の建物が傾いているところはなかった。
由香
 戸建ての方はどうでしたか。

 戸建ては、家の周囲から砂が吹き上げているところが多く、多くの家でスコップで砂を掘りあげていた。側溝の中が砂で埋まっているところも多かった。
由香
 1番被害が大きかったのはどこの地域ですか。

 香澄じゃ。香澄の戸建て地域は、ほとんどの家が液状化で砂が吹き上げていた。水道管も切れたのか、5箇所くらいで、マンホールから水が噴水のように吹き上げていた。道路に直径5mくらいの穴があいている場所もあった。ほとんどの家が砂掘りをしなければならない状況だった。
由香
 給水車が配車されたのは香澄だけですか。地震から、1日たっても水道が止ってたらしいですね。

 ほとんどの家の周囲から砂が噴き出していたので、将来的には、家が傾いてゆくんじゃあなかろうか。
由香
 香澄公園も立入り禁止になっていたようです。スーパーマルエツは、棚が空っぽになるくらい、商品を売り尽くしたそうですよ。

 団地の人達が食料を確保したんじゃろうか。
posted by 絢 at 15:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

津田沼11−11

由香
 じいさん、すごい地震でしたね。大丈夫でしたか。

 家族全員大丈夫じゃ。主屋の屋根の瓦が5〜6枚はがれた程度じゃった。それ以外には被害はなかったが、15分おきぐらいに余震が来るんで落ち着かんなあ。
由香
 地震の直後に停電になりましたね。

 停電は1時間くらいで復旧したよ。それより、ガスと水道がぜんぜん止らなかったので助かったよ。
由香
 室内のものは散乱しませんでしたか。

 東西にだけ揺れたんで、東西に向いた棚のものだけが少し落ちた程度じゃ。たいしたことがなかった。
由香
 爺さんの好きな梅酒や果実酒を入れたビン類は落ちなかったんですか。

 幸いなことに、一つも落ちなかった。
由香
 わいがや通りの、みはし湯の前の電柱が倒れかかって、通行止めになっていましたね。

 東漸寺の墓が倒れていないか見に行ったが、全く倒れていなかったよ。津田沼小学校の円形校舎も倒れていなかった。小学生が校庭に避難していたよ。
由香
 習志野の岸壁で釣りをしていた人が、堤防が浮きあがって、命からがら逃げてきたという話を聞きましたよ。海の近くは危険でしょうね。

 埋立地の方では液状化が起こったという話もある。確認はしていないが。
由香
 とにかく全員無事であることを、ご報告しておきましょう。
posted by 絢 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

津田沼11−10

由香
 津田沼小学校の卒業式も近づきましたね。

 お別れ音楽会を終わり、最後の器械体操審査会も終わり、さよなら業間も終わった。
由香
 さよなら業間って何をしたんですか。

 10時15分から、全校生徒が校庭に集合し、ダンスを踊り、運動し、最後に行進したという話じゃ。30分で終わる業間じゃったが、お母さんたちがたくさん見学に来ていたという話じゃ。
由香
 普通の学校では、授業参観くらいしか親は学校に来ないのに、津小では、業間体操や、器械体操審査会が毎学期にありますから、親が見学に来る機会が多い学校ですね。

 6年生から下級生に、いろいろな引継ぎも終わった。来週の金曜日が、いよいよ卒業式じゃ。
由香
 去年は、四谷大塚で優秀な成績を修めた男子が、渋幕に合格し、渋幕の制服を着て卒業式に出席したので、目立っていたそうですね。

 今年はそれどころではない。麻布、渋幕、海城の制服を着た男子が登場するかも知れんぞ。
由香
 三人も有名私立に進学するんですか。

 わしの狭い情報網では三人という話じゃ。
 その三人とも、同じ塾に通っていたというから面白い。同じ塾の同じクラスで、互いに競い合って三人とも優秀な成績をとり、仲良しなのに、三人三様の考えで別々の学校に進学するんじゃ。
由香
 やっぱりJR津田沼駅近くの四谷大塚ですか。

 それが、1学年の生徒が40数名しかいない、ごく小さい私塾で、龍馬という名前じゃ。
由香
 マンモス塾の四谷大塚や日能研、市進ではないんですか。40人とは少ないですね。

 そんなに少ないのに、今年は麻布、開成、武蔵、渋幕、海城、桜蔭という有名校に合格者を輩出している。
由香
 じいさんが、塾の情報まで知っているとは思いませんでした。津小から塾へ行く人は多いんですか。

 津田沼には、JR東日本の社宅、国家公務員の社宅、住友大阪セメントの社宅があり、そこの子供達が津小に通学している。こうした転勤族は、そんなに長く津田沼に住んでいるわけではないので、進学塾に通う子は少ないといわれている。しかし、補習塾や個別学習塾に通う子は多いと聞いているよ。
posted by 絢 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。