2011年09月26日

津田沼11−39

由香
 やっと涼しくなってきましたね。暑いのはもうたくさんっていう感じですよね。
 今日は何のお話ですか。

 津田沼小学校と中学受験の5回目の話にしようかなあ。
由香
 受験シーズンはもうとっくに終わりましたよ。受験は、1月2月の話でしょう。

 中学を選ぶには、多くの人は偏差値だけで選んでいる。しかし、本当は、今の時期の行動が大事なんじゃ。
由香
 今、何するんですか。模擬試験をたくさん受けるんですか。

 そうじゃない。学園祭、文化祭に行くことじゃ。
由香
 今は、どこも文化祭のシーズンですよね。

 これを見に行くと学校の様子がよくわかるだけでなく、通学ルートが自宅から便利かどうかもよくわかる。
由香
 学校の施設の新旧、生徒の雰囲気、通学の便利さ、あらゆることが文化祭に行くことでわかるということですね。

 今年、津小から、最難関といわれる都心の中学に合格した子がおるが、その子は結局、その学校に入学しなかった。いろいろ理由はあるじゃろうが、偏差値だけではなく、その他のいろんなことを考慮して、別の学校、それも地元の学校にしたんじゃろう。
由香
 文化祭はいつどこでやっているか調べるのがたいへんですよね。

 一校一校探していたら大変じゃ。文化祭などの行事をホームページに書いていない学校まであるからなあ。ここの行事日程、千葉県私学行事日程東京都私学行事日程で探してから、行くといいんじゃあなかろうか。
由香
 確かに、市川中学は、敷地が広く、建物がきれいで、コンサートホールまであり、校庭もすごく広いんですが、駅からバス通学というのが難点ですね。

 市川周辺は交通混雑が激しい。ナビを見るといつも真っ赤になっている。文化祭に行くと、うんざりするぐらいバスの中に閉じ込められてしまう。
由香
 それに比べると、東邦はバスに乗らなくていいだけ便利ですよね。大久保駅前商店街の中を歩いていくんですが、雰囲気があって、楽しい商店街ですよね。周辺に大学が二つもありますから、若々しい雰囲気ですよね。

 少子化もあり、危機感を感じているのか、市川は大学受験にたいへん熱心になっているという情報もある。
由香
 東邦に追いつき追い越す努力をしているといわれていますね。だから最近人気があるんですよ。

 麻布中学は、私服が認められ、自由な雰囲気じゃが、勉強も個人の自主性に任されているそうで、浪人が多いそうじゃ。校庭が狭いので、グランドは多摩川の河川敷にあるそうじゃ。通学も大変じゃ。
由香
 開成中学は、駅のすぐ前で通学は最高に便利ですが、建物は古くて、増築増築を繰り返したような感じで、魅力のある校舎じゃあありませんね。予備校的雰囲気でした。

 海城中学は、校舎がきれいで、山手線内の中学では最も広い校庭があり、最近できた8階建ての建物からは、新宿の超高層ビル群が見えて、眺望抜群じゃった。カフェテリアも素敵で、校舎だけなら海城に軍配が上がるという気がしたなあ。
由香
 軍配ですか。古くさい言い方しないで下さいよ。海城は、京成津田沼から、特急で日暮里に行き、山手線の新大久保駅近くですから、通えないことはありませんね。

 津田沼地域から、開成なら、通学時間は55分くらい、海城で80分くらいじゃ。
由香
 京成津田沼駅に自転車を預ければ早く行けますよね。年間の駐輪場利用料金が2500円くらいですからね。
posted by 絢 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

津田沼11−38

由香
 今日の午後、テレビで全日本吹奏楽コンクールの高校生の部を放送していましたよ。

 わしも見た。習志野高校が東の横綱としてかなり長く紹介されていたね。
由香
 全日本吹奏楽コンクールに25回出場し、20回金賞を受賞しているということでした。金賞率実に8割というすごさですね。

 今回は、「火の鳥」という、高校生ではほとんど演奏しない難しい曲を選択して登場したが、残念ながら銀賞ということじゃった。
由香
 吹奏楽と交響楽とどこが違うのか知りませんでしたが、番組で教えてくれましたね。

 交響楽は、弦楽器、打楽器、管楽器のすべてを使って演奏するそうじゃが、吹奏楽は、弦楽器がないといっていたなあ。
由香
 弦楽器がないぶん、力強いリズムの演奏ができるとか言っていましたね。マーチなんかが吹奏楽に向いていますよね。

 習志野高校は、夏の甲子園でもベスト8に残ったが、吹奏楽も東の横綱と言われるからすごいなあ。
由香
 谷津小学校が、合奏で全国のトップクラスですし、五中に一中も吹奏楽のトップレベルですから、必然的に習高にも、優秀な演奏者が集まるということでしょうね。
posted by 絢 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

津田沼11−37

京葉道路の下の道


 これは、京葉道路の下をくぐっておる道じゃ。
由香
 どこがおかしいんですか。震災で影響を受けたんでしょう。

 京葉道路と向こう側の地面がずれている。
由香
 そういえば、白線が途中で切れていますね。白線が離れているだけ、地面が移動したということですね。

 ガードレールや「止まれ」という字の「れ」がずれている。
由香
 地面をこれだけ動かすんですから、ものすごい大きな力が働いているというわけですね。

 ここは袖ヶ浦東小学校から、もう少し行ったところの京葉道路をくぐる小さいトンネルじゃ。
posted by 絢 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。