2012年04月04日

津田沼12−06

由香
 じいさん、津田沼小学校の女子児童が交通事故で重傷を負いました。

 それは大変じゃ。現場はどこじゃ。
由香
 スリーエムというコンビニの前です。

 スリーエムというのは、津田沼小学校の近くの坂の上交差点から、はし野方面、つまり京成の陸橋を越えたT字路のところじゃろう。
由香
 公務員住宅、JR東日本と住友大阪セメントの社宅があって、転勤属の子供が通学する場所です。

 事故の状況はどのようなものじゃ。
由香
 T字路の信号のところで、つまりスリーエム前で、赤信号で数台の車が、JRの線路方向を向いて止まっていたと思ってください。そこに、習志野郵便局方向から来た車が右折して、コンビニに入ろうとした。

 赤信号で止まっている車がいるので、コンビニには入れんじゃろう。
由香
 コンビニに入る車のため、道をあけようと、赤信号で止まっていた車がバックしたと思ってください。

 その車に、道を渡ろうとした小学生がひかれたというのか。
由香
 足のじん帯に重傷を負って入院しているそうです。

 車の運転手は、後方を確認せずにバックしたということ、女子児童はコンビニ前の車の動きを見ていなかったという双方のミスが重なって起きた事故といえそうじゃなあ。
由香
 じいさんは、前々から、コンビニ前は事故が多いので気をつけるように言っていましたよね。

 わいがや通りと国道14号谷津のセブンイレブン前で事故を見た。わいがや通りの方は、高校生二人が死亡している。谷津の方は、わしの目前で起きたので、わしが救急車と警察に連絡をした。
由香
 コンビニに入ろうとする車は、駐車スペースがあるかどうか気になって、前後の人やオートバイの動きを確認せずに、いきなり入ろうとするんで危険なんですよね。

 最近は、信号のすぐ横にコンビニを作る例が増えている。そうすると、信号で止まっている車が、コンビニへの道をあけてやるために、今回のような事故が増える。
由香
 確かに、このスリーエムもそうですが、県立津田沼高校前のコンビニも信号のところですね。

 通学路にこうゆう危険なコンビニがあるというのは問題じゃなあ。子供たちが待ち合わせ場所にしているコンビニじゃからなあ。
由香
 安全運転指導者の資格をもっているじいさんから、最後に一言お願いします。

 運転者は極力バックしない運転をすること。後方はよく見えないので、危険なんじゃ。それから、子供は車の前後を絶対に横断してはいけない。今回はたぶん、乗用車に轢かれたんで、じん帯損傷ですんだが、トラックやバスじゃったら死亡していたかもしれん。
由香
 友人とバイバイしながら、友人の方を見ながら、車の後方を横断しようとしたとも聞いています。車を見ていなかったようです。

 事故は、双方のミスが重なったときに起きる。十分に注意しましょう。
posted by 絢 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。