2012年10月30日

津田沼12−22

49年生まれです^^
先日行われた見納め会行ってきました。本当に懐かしかった!
2つ年上の姉とその子供と行ったのですが、二人で「懐かしい音楽室!ベートーベンの絵そのままじゃん!」「給食こぼしちゃって他のクラスにおすそ分けもらいにいったねー」と騒ぎまくりでした。
教室も全然変わっていません。ちっちゃな黒板や廊下の体操袋をかけていたフックや、がぶ飲みした水道。

↑の方が書いていらした“こん●どうの●こ先生”私の1年の時の担任だったなー。新任の先生だったのにめちゃんこ怖かった〜。理科授業でなかよし山の砂場に行ったとき、友達とふざけていたら雪が降る寒い日なのに1時間目から4時間目まで立たせられたな・・でも懲りずに目を盗んでは砂場にジャンプして遊んでいた・・きっとみてたんだろうな(笑)隣のクラスのお●だ先先が「ちょっとやりすぎじゃない?」と言ってくれたそうで中に入ることができたけど、その時ばかりは半そで、ブルマでいることを恨んだな〜

ホント今思うと不思議な校則、暗黙の了解あったな〜
みなさんが書いている以外で、『生活行動強調週間』っていうのがあって、その時に限ってうっかり名札や、教科書を忘れたりなんかすると、同じ学年の教室ひとつひとつにいってなんか謝りに行った気がします“名札を忘れました。ごめんなさい”ってな具合に。

それから上り階段、下り階段。一段でも上り階段で下りたもんならこっぴどく先生におこられる。津小では当たり前だけど。ゆいつ避難訓練の時だけは先生の前で下りても許されたから、津小の子なら“ちょっと嬉しかったあるある”なんじゃないかな?

業間の最後の行進はまるで日体大のマスゲームばりにそろっていた。トラックを行進する高学年生はそうとうカッコよく見えたな〜。一人でもそろってないとクラス皆でそろうまで練習した。なぜか走る時は“トン トン”っていいながら走っていた。なんでだろ?

5年生の一学期で転校してしまったけど、転校先の田舎の学校の先生も津小を知っていた。行ったことがあるって。そのあと転校した学校でも津小を知っていた。どんだけ有名なんだー。そういえば津小ではよく他の学校の先生が大勢で体育や授業風景を見ていたけど、よその学校はそんなこと一度もなかった。
それより驚いたのが掃除だった。いったいいつ雑巾がけするんだろう?って思っていたけど、他の学校はT字のほうきで掃くくらい。しかも当番の何名かだけ。それが一番驚いた。そうそう、雑巾の絞り方も決まっていた。ぞうきんは縦に持って絞る。洗う時はどんなに寒くても水に手を入れる。あかぎれのある子は本当にかわいそうだった(;;)今考えても津小はスパルタだと思う。それでも思う、津小の卒業生になりたかった。。

見納め会の帰り際、校長先生とお話しました。今も器械運動審査会いはやっているようです。ただ私のいた時いた大車輪をやれる子はいないそうです。姉の落ちた白鳥池は取り壊され、中にいた魚は校舎のいたるところで飼育されていました。
(魚ホントにいたんだね^^いつも緑でわからなかった^^;)
初めて入る校長室(恐れ多くて当時ははいることはできなかった)すぎたまこと校長先生と石原校長先生の写真が飾られていた。
杉田先生は幼稚園の時の校長も兼任していたからとっても良く覚えている。

さまざまの年代の卒業生がきていました。丸い校舎での初めての卒業生、もっとその前の先輩。
みんなそれぞれの思い出があるんだな〜と思った。転んだ階段、友達とけんかした教室。そして丸い自慢の校舎。
ずっと残して欲しかったけど、55年の歳月は到底修復できるものではないほど傷んでいるのも事実。
最後に津小にお別れが言えてホントに良かった。

最後に皆さんのコメントを読んでいて、当時の津小・友達・自分を思い出しました。ありがとうございます。
Posted by かなちん



由香
 じいさん、これは津田沼小学校円形校舎見納めの会に行った人から入ったコメントですね。

 そうじゃ。
 わしは津小のOBではないから、卒業生のかかれた文章は貴重じゃ。申し訳ないが、ここに転記させてもらった。
由香
 卒業生が読めば、懐かしさがあふれてくるような文ですね。

 そこで考えた。津田沼小学校の遊具はすでに取り壊されてなくなってしまっている。わしは以前にそれらの写真をとっておいた。それを1つずつここに掲載していこうと思っておる。
由香
 遊具に思い出のある卒業生のコメントがいっぱい入ってきそうですね。

 そうかもしれんなあ。
由香
 期待していますよ。
posted by 絢 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

津田沼12−21

津田沼小学校円形校舎

見納めの集い

更新:2012年10月15日

津田沼小学校の円形校舎が、今年の12月をもって幕を閉じます。その節目にあたり、地域の人たちと見納めの集いを計画しました。地域の方々と思い出深き円形校舎との別れを惜しみたいと思います。たくさんの方々のお越しをお待ちしております。 ※駐車場はありません。
日時:10月27日(土曜) 午後3時30分〜
会場:津田沼小学校 体育館
内容:合唱団の発表、6年生による4段タワー(組体操)披露、円形校舎への感謝の言葉(児童代表) 他
問合せ:津田沼小学校 047-454-1326

【同時開催】円形校舎見納めわんぱくまつりバザー(PTA主催)
時間:午後1時15分〜3時15分
会場:津田沼小学校
内容:バザー、グルメ(ちゃんこ鍋等)、ゲーム、地域の御輿等
   円形校舎関連グッズ販売あり

由香
 これは市のホームページに出ていた、津小のお別れ会の広報ですね。

 ここに掲載しようかどうか迷っていたが、コメント欄に入ったことでもあるから、掲載することにした。
由香
 円形校舎のお別れ会なんですから、当然じいさんも行くんでしょうね。

 わしは、以前に校舎や遊具の写真をとる機会があったので、今回は行く予定はない。
由香
 じいさんは、円形校舎は文化財だから残してくれっていっていますが、子供達はピカピカの新校舎に早く入りたくて、うずうずしているようですよ。

 子供達にとっては、耐震構造の新校舎は魅力たっぷりじゃろう。しかし、円形校舎は全国的にも数が減っているし、2棟の円形校舎が左右対称に配置されて、存在しているのは、たぶん国内ではここだけではなかろうか。建築史的存在価値は大きいと思うがなあ。
由香
 残念ながら爺さんの懐古趣味は誰も支持してくれなかったようですね。

 たぶん何十年後かに、壊してしまってもったいないことをしてしまったと思う日が来ると思うよ。
 どこかの地方の円形校舎が重要文化財に指定される日が、必ず来ると思うがなあ。
由香
 卒業生など円形校舎の最後の写真をとりたい方は、ぜひこの日に津小にお越しくださいね。
posted by 絢 at 22:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

津田沼12−20

千葉市は3日、同市中央区の50代男性が、約7年間にわたり生活保護費を総額約2500万円不正受給していたと発表した。不正受給額が高額に上ることから、市は男性を相手取り損害賠償を求める訴訟を千葉地裁に起こす方針で、千葉中央署にも被害を相談している。同市が生活保護の不正受給者を民事提訴するのは初めて。

 市によると、男性は申請の際に「無職で十分な財産もない」と偽り、05年10月から今年7月まで生活保護費を毎月約30万円、6年9カ月間で合計2493万8062円を不正受給していたとしている。

 今年4月以降、市の調査で男性が産業廃棄物関連の企業を経営していたことが判明し、収入や財産があったことも確認されたという。市によると、生活保護の申請時には通常、現在とその直前の住所情報を基に銀行に問い合わせ、預金状況を調べるなどするが、男性は複数の住所を転々としていたために、正確な資産状況を確認できなかったという。


由香
 じいさん、この新聞記事はいつの記事ですか。

 9月4日の毎日新聞の記事じゃ。今日ネットで見た。今までは知らなんだ。
由香
 生活保護の不正受給の報道を見ていると、本当に腹が立ちますね。

 この記事からわかることは、@生活保護費が月額30万円という高額であるという事実、A申請時、千葉市がやすやすとだまされているという事実、Bそれが七年近くも続いていたという事実、じゃ。
由香
 もっと増えるんじゃあありませんか。生活保護を受けていれば医療費も無償になるし、年金や各種税金も免除されるんでしょうから、実質月額40万円というような価値を得ていたんじゃないでしょうか。

 国民がまじめに働いて、こつこつ国民年金を支払ってきても、受け取る金額は6万なにがしじゃ。それを、何もしないやつが、申請書類を出しただけで、実質40万もの利益を得ているとは、あきれてものが言えん。
由香
 生活保護の不正受給は、どうしてこんなに簡単にできてしまうんでしょうね。

 習志野市も同じことをやっていないのか、よく調べてほしいなあ。
由香
 千葉市が6月に、生活保護受給世帯に、「すべての銀行通帳、家賃の支払い状況が確認できるものを提出しなさい。」という通知を出したそうですよ。

 そんなことで発見できるんなら、どこの市でもやってほしいもんじゃなあ。
posted by 絢 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

津田沼12−19

由香
 爺さん、10月になってしまいましたよ。何か言うことはないんですか。

 ない。
由香
 谷津バラ園は10月13日頃が見ごろだそうですよ。

 そうか。
由香
 習志野市役所は、旧クレストホテルでの業務を開始しました。

 そうか。
由香
 どうしたんですか。とうとう認知症が進んで、わけがわからなくなったんじゃあありませんか。ボケたんでしょう。

 なんじゃと。
由香
 そういえば、じいさんはその年でホームヘルパー2級の資格をもっているそうですね。介護するんじゃなくて、されるほうに入ってるんじゃありませんか。

 もっておるのは確かじゃ。しかし、まだ介護される方ではない。近いかも知らんが。
由香
 ヘルパー2級は民間資格なんでしょう。

 民間資格じゃが、国家資格のような扱いになっておる。一度取れば一生有効で、更新もない。今のところはな。
由香
 来年から制度が変わるそうですね。ヘルパー2級は廃止になるそうですよ。私も取りたいと思っていますが、来年制度が変わってからのほうがいいでしょうね。

 それは反対じゃ。制度が変わるときは、何でも早く取っておいた方が良い。先取特権というやつじゃ。先にとっている人を優遇しないと不満が出るじゃろう。だから、制度を変えるときは、ヘルパー2級を持っている人を優遇しないと文句が出る。だから取っておいたほうがいいと思うよ。
由香
 どう優遇されるんですか。

 それはわからん。たとえば、わしは高校1年生のときにオートバイの免許を取った。その後何年かして、オートバイの資格は、大型とか中型とか、いろいろ分類されていった。
由香
 私は良く知りませんが、中型免許がないと大型を取れないように、順序ができているんでしょうね。

 わしは、分類のない時代に免許を取ったから、今では大型自動2輪の免許になっておる。わしらの頃は、スクーターで免許試験場のコースを何周かすると合格した。ほとんど練習もしていない。自転車に乗れれば合格するような試験の時代じゃった。
由香
 今では大型自動2輪の免許を取るのは大変ですよ。お金がかかる、時間がかかる、運転技術もいるでしょう。大型を持っているのはステータスですよ。

 要するに先取特権じゃ。分類のない時代に簡単にオートバイの免許を取った人を、優遇しないと不満が出る。そのおかげで、わしは大型自動2輪免許を持っているというわけじゃ。
由香
 そういえば、じいさんはかってナナハンに乗っていたといっていましたよね。

 わしのオートバイ歴は、90ccに始まって、ヤマハの400cc、そしてホンダの750ccとなっておる。ホンダセイバーVF750とかいったかな。バブル時代に乗っておったから詳しい事は忘れたよ。
由香
 ナナハンに乗っていたなんてかっこいいですね。やはり大型2輪はステータスですよ。持ってない人はうらやましいと思いますよ。これからだってでっかいハーレーに乗れるんですから。

 自動車も、今では普通車、中型、大型に別れておる。以前は、普通車と大型の2種類じゃった。以前の、普通車を持っている人は、今は中型免許に自動的に格上げされておる。これも先取特権の例じゃ。
由香
 来年、制度の改正でヘルパー2級の資格はどう変化するかわかりませんが、先取特権を期待するならい、今、取っておいた方がいいということになりそうですね。
 ところで爺さん、腰の具合はどうですか。そもそも、介護される方の爺さんが、どうしてヘルパー2級を取ったんですか。

 ほっといてくれ。介護される前に、介護する方の事情を知っている方がいいじゃろうと思ったからじゃ。
由香
 何かの役に立っているんですか。

 実技は、誰もがやっておいた方が良い訓練で、有益じゃった。老人施設についての知識も、知っておいた方が良いことばかりで有益じゃった。実際のグループホームでの4日間の実習は、言葉では言い表せないほどの価値のあるものじゃった。
由香
 いいことばかりじゃあないですか。

 制度が変わると、実際のグループホームでの実習がなくなって、教室での実技訓練が大幅に増えるらしい。わしのように、実際に介護職につくつもりのない人には、現状の実習は大変貴重な経験になる。その意味でも、今取っておいたほうがいい。
由香
 @今なら費用も安く、取得期間も短いこと、A先取特権が期待できること、B制度が変わるとなくなってしまう、老人施設での実習が、今なら体験できること、この3つの理由で、ヘルパー2級は今とっておいた方がいいというのが爺さんの考えですね。

 もう一つあった、今なら無試験で資格が取れるが、来年からは筆記試験があるという。わしは試験が嫌いじゃ。
由香
 無試験の方がいいに決まってますよ。落ちたら、かっこ悪いし。試験費用が上乗せされるでしょうしね。
 それにしても、タクシーに乗るつもりもないのに自動車の2種免許を取ったり、介護職につくつもりもないのにヘルパー2級を取るなんて、どういうことですか。資格マニアなんですか。

 ほっといてくれ。
 そういえば、ほかにも資格はたくさんあるなあ。
 
posted by 絢 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。