2012年12月29日

津田沼12−33

旧陸軍習志野学校跡地のほんの一部

由香
 じいさん、何ですかこのちっこいちっこい写真は?

 さむねいるじゃ。
由香
 何のことですか、サムさんが寒くて寝込んだんですか。

 それは「サム寝入る」か「寒寝入る」じゃ。
 写真をクリックすると拡大していくのをサムネイルというじゃろうが。
由香
 すいません。わざとずっこけてみました。ここは2回まで拡大するんですよね。
 この写真は、誰かが原っぱを掘り返して、ブルーシートを掛けたようですね。

 赤筒が発見されたというんで、習志野市泉町の旧陸軍習志野学校の広大な跡地を見に行ってきた。
由香
 ここがその現場ですか。

 わからん。当時、研究所の建物が建ち並んでいたという、現在の「習志野の森」の北側は広大な公務員宿舎になっている。その一角に、掘り返したあとがあったんじゃ。ここ以外に、それらしい場所はなかったよ。
由香
 そもそも、毒ガス兵器研究所をどうして習志野学校といったんですか。学校じゃあないじゃないですか。

 どこかの国が、大陸間弾道ミサイルの発射を人工衛星の打ち上げと言っとるじゃろう。もし、「習志野毒ガス兵器研究所」という看板を掲げたら、どうなると思う。
由香
 全世界から非難されますよ。どこかの国みたいに。

 スパイ養成機関を陸軍中野学校といったのと同じ事じゃ。
由香
 オブラートに包むということですね。

 そんな甘い感じの言葉かなあ。
由香
 「遠まわしに言う」という表現ですか。

 遠すぎて意味が伝わらんじゃろう。
由香
 「羊頭狗肉」ならどうですか。

 まあ、それの方が近い言い方かなあ。学校といいながら、毒ガス兵器を研究しとったんじゃから。
由香
 全世界から非難される研究所だったから、習志野市も国も調査をせず、放置しているんですか。

 よくわからん。しかし、「陸軍習志野学校」という本は編纂されている。
由香
 どこで見られますか。

 それがどこの図書館へ行っても置いてない。
由香
 爺さんが、千葉県の歴史史料の宝庫だという船橋西図書館はどうですか。

 習志野市内の図書館、船橋西図書館、千葉県文書館へ行っても開架には置いてない。
由香
 閉架から出してもらえばいいじゃないですか。

 それが、わしは気が弱くてできない。どうして誰もが見えるところには置かんのかなあ。見てはいかんのかなあ。
由香
 しかし、旧陸軍習志野学校跡地で初めて発見された毒ガス兵器なんですよね。まだまだあるかもしれませんね。おお怖い。

 習志野市内には、まだまだ興味深い歴史の闇が眠っておるということじゃ。
由香
 研究所の建物が建ち並んでいた地下、ガス室といわれる八面房の周囲、材料が置いてあった倉庫周辺、おおこわい。
 でも、旧町名である津田沼町には、多くの騎兵連隊があり、参謀本部があり、鉄道隊があり、戦車学校があり、毒ガス兵器研究所、皇族も大将として町内に、地元の人の家を借りて住んでいたのに、どうして米軍はB29でじゅうたん爆撃しなかったんでしょう。

 よくそんな言葉を知っておるなあ。
 米軍は、終戦後、習志野学校を接収し、学校史の作成を命じたという。
由香
 学校史を作れといったんですか。破壊するんじゃあなかったんですね。
 そして、それが「陸軍習志野学校」の本になったんですね。
 米軍は、津田沼があまりにも日本軍の中枢部だったんで爆撃しなかったということですか。

 アメリカに聞いてくれ。
posted by 絢 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

津田沼12ー32

あか筒


由香
 じいさん、何ですか突然、わけのわからない写真を出してきて。

 これは赤筒じゃ。
由香
 あか筒ですか。何のことだかわかりません。写真にメジャーがでているんで、長さ25センチ、横12センチくらいの円筒形の物体であったことはわかりますよ。でも、かなり錆びているんで、古い茶筒といった感じですよね。

 そんななまやさしいもんではない。危険極まりないもんじゃ。
由香
 危険な茶筒ですか。本当のことを言ってくださいよ。なんなんですかこの写真の円筒形の物体は。

 だから「あかづつ」といっているじゃろう。仕方がない、ネットで赤筒の説明を探してここに貼ってあげよう。

赤筒は燃やしたら猛毒になる、加熱しないと毒性はでません。赤筒というのは、ブリキの缶の中に単独で燃焼性の高いくしゃみ性のガスを詰めて、中で一本一本燃えるような仕掛けにしとった。そのガスが中国では一番使われておったということがわかった。日本もかっての外務大臣河野洋平が日本は赤一号の化学兵器を中国で戦争に使ったということを認めてる

由香
 赤筒だから字を赤くしたんですか。眼がちかちかしますよ。要するに、旧日本軍が作っていた毒ガス兵器なんですよね。その写真をここに貼って何の意味があるんですか。

 旧陸軍習志野学校跡地で赤筒が発見されたんじゃ。習志野市内の話をしとるんじゃ。
由香
 それはたいへんですね。やはり陸軍習志野学校は毒ガスの専門学校だったことの証明のような発見ですね。いつも爺さんが言っているように、旧津田沼町は軍都と呼ばれ、軍事施設がたくさんあったところだから、軍事施設をできるだけ保存し、文化財として残して行くべきだという話に、またひとつ有力な資料が見つかったということですね。

 そんな、たわごといっておる発見ではない。中国国内では赤筒がたくさん発見されている。旧日本軍が持ち込んだものじゃ。その撤去に莫大な費用がかかる。それと同じ物が習志野市の旧陸軍習志野学校跡地で発見されたということじゃ。
 市役所のホームページの記載をここに貼っておこうかなあ。


環境省は、平成24年12月21日、千葉県習志野市の旧陸軍習志野学校跡地内で、老朽化した「あか筒らしきもの」を約760個発見したと発表。
 今回発見された物体は、直径約11cm、長さ約22cm程度の円筒形をしており、外観的な特徴から旧軍のあか筒の可能性があると考えられるため、現在、密封措置したうえで安全に保管されている。
 現場は、旧陸軍の化学戦教育機関である習志野学校跡地内にあることから、工事を行う際には旧軍老朽化化学兵器が発見される可能性に留意するよう、環境省が平成17年3月に指針を示しており、地権者においては、同指針に沿って、レーダー探査等や携帯型化学剤検知器による安全確認調査を行いながら、工事が実施されてきており、物体の発見・回収時において、旧軍の毒ガス成分を検知することはなかった。また、撤去工事は無事完了しており、あか筒の可能性がある物体以外には特に異常や危険物の発見はなかった。
 なお、現場では、平成21年度にあか筒の可能性がある物体が61個発見されているが、当時、入念的な措置として、環境省が周辺の地下水調査及び土壌調査を実施したところ、旧軍のくしゃみ剤及びその関連物質は検出されていない。
 今後、環境省では、当該物体の調査を行い、その結果を踏まえ、適切に処分する予定。【環境省】



由香
 これは、環境省の発表ですね。環境省が処分をすると書いてありますよ。

 軍事遺産は、将来日本の重要文化財になる。ぜひ習志野市で保存し、軍都博物館を造って展示してほしいもんじゃのう。
由香
 郷土史料館を造ってくれと言ってたんじゃなかったんですか。軍都博物館に変わったんですか。

 どっちでもいいから造ってくれ。

posted by 絢 at 22:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

津田沼12−31


 昨日は久しぶりに東京の都心を散策してきましたよ。
由香
 どこを散策したんですか。

 日比谷公園じゃ。
由香
 こんな寒い冬に日比谷公園に行っても、花も咲いてないし、つまらないでしょう。

 それが結構花盛りじゃった。
由香
 何の花が咲いてました。

 まず、帝国ホテルに面したエントランス部分には、バラが植えられていて、きれいに咲いていた。そこから奥のほうに入っていっても、白い葉牡丹が寄せ植えになっていてきれいじゃった。珍しいのは、ツワブキがたくさんあって、あちこちで黄色い菊のような花を一斉に咲かせていて見事じゃった。日比谷公園はツワブキの名所じゃなあ。
由香
 ツワブキを調べるとキク科ですから、菊のような花に決まってますよ。でも、たくさんあるのは珍しいかもしれませんね。

 それから、今は咲いてなかったがシャガの葉が、日陰の部分にたくさんあって、これも珍しかったよ。
由香
 シャガも調べると日陰の湿ったところでよく育つそうですよ。東京都の準絶滅危惧種に指定されているそうですから、日比谷公園にあるのは貴重なシャガと言えそうですね。ほかにどんな花がありました。

 サザンカが咲いていると思って葉っぱを良く見ると、葉の根もとに毛が密集していなかった。
由香
 何を言っているのかわかりません。サザンカの葉の付け根がどうかしたんですか。

 葉の付け根に微細な毛が密集していないと寒つばきになる。
由香
 要するに、サザンカと寒つばきの区別の仕方を言っているんですね。日比谷公園のはサザンカではなく、寒椿が咲いていたといいたいんですね。

 そうじゃ。
由香
 ほかに何かありましたか。

 日比谷公園の帝国ホテル側入口に日比谷花壇があったろう。
由香
 そういえば、小さな花屋さんがありましたね。あれが日比谷花壇なんですか。何の変哲もないただの花屋さんという記憶がありますよ。

 それがすごくモダンな真っ白い、こざっぱりした建物に変わっていた。あまりにも以前のイメージと変わってしまっていたので驚いたよ。
由香
 それも調べると、もともとは帝国ホテルの中にあった花屋さんが公園側にも出店したのが日比谷花壇の始まりだそうなので、やはり普通の花屋さんだったんですよ。

 それが今では、全国に出店し、ヒビヤフラワーアカデミーという学校を開校し、青山葬儀所、夢の島公園、夢の島熱帯植物園の管理もし、海外へも進出しているという。
由香
 大発展を遂げているというわけですね。爺さんが見た、日比谷公園の白い建物は2010年度、グッドデザイン金賞を受賞したと書いてありますよ。

 良いものを見させていただいた、ありがたやありがたや。
由香
 ほかに日比谷公園で言いたいことはありますか。

 普通の公園は、常緑樹の下は日陰になって、雑草も生えず、地肌が見えているものじゃ。ところが、日比谷公園は日陰の部分も、シャガ、ハラン、ヘデラ類で覆われており、地面が直接見えないように植栽されておった。さすがじゃ。
 この時期は、園内が落ち葉でいっぱいになるもんじゃが、落ち葉もなかった。掃除が行き届いているなあと感心したよ。
由香
 日比谷公園だけを見てきたんですか。

 わしは、若い頃、八重洲ブックセンターに近いところにあった会社に勤めておった。八重洲から銀座は、若い頃の思い出が詰まった場所なんじゃ。じゃから、思い出に耽りながら、その辺を通過して帰途についたというわけじゃ。
由香
 そんなすごい場所に勤務していたとはとても思えない現在の爺さんですね。似合ってません。

 なんじゃと。
posted by 絢 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

津田沼12−30

由香
 じいさん、昨日の17時18分頃の地震も大きかったですね。

 一瞬、昨年の大震災を思い出してしまったよ。横に押される力、振られる力が強かったので、最近続いていた直下型とは違うという第一印象があった。
由香
 発表では習志野市の震度は3でした。

 横揺れが数十秒続いたんで、かなり遠方で大地震が起きているという感じがした。東関東大震災と最近の直下型の経験から、ゆれ方で震源からの遠近がわかるようになったなあ。
由香
 一度おさまりかかって、また少しゆれましたね。

 震源地は、三陸沖240キロで、深さは10Km、マグニチュードは7,3じゃ。
由香
 おとといのマグニチュード4,3と比べるとエネルギーは3万2千倍ですよ。

 マグニチュードが1増えるとエネルギーは32倍になるから、3増えると32×32×32ということで3万2千倍以上ということになるかなあ。正確には32,768倍ということかなあ。
由香
 おとといの4,3でも一瞬、ぎくっとしますから、その3万2千倍が直下で起こったら、想像を絶しますね。

 阪神淡路大震災では、マグニチュード7,3の直下型が10秒から15秒くらい続いたという。
由香
 15秒というとわずかに思えますが、おとといの32,768倍が10秒以上も続けば、高速道路が倒れ、高層ビルが倒壊したのも納得がいきますね。

 おとといの100倍でもぶっ飛ぶが、3万倍といわれても、あまりにも倍率が高すぎて、想像がつかんほどの威力じゃったろう。
由香
 原子力発電所の下には断層らしきものが、あちこちで見つかっているという話をテレビでよく見かけますが、高速道路やビルを倒壊させる力が原発を襲ったら、福島の再来は間違いないでしょうね。

 やはり、原発は止めてほしいなあ。今まで、どうして政治家は誰も原発反対を言わなかったのかと不思議になってしまうなあ。電気事業連合会の政治力だったのかなあ。
由香
 広島、長崎についで日本は福島まで、原子力で有名な名前を生んでしまいました。スリーマイル島、チェルノブイリに並ぶ名前5つのうち3つが日本なんですよ。これ以上増やしてほしくないですよね。

 広島は、世界遺産に登録されて観光名所になった。日本の地震も世界遺産にならないものかなあ。由香ちゃん何か妙案はないかなあ。
由香
 @淡路島の断層を世界自然遺産にしてもらう、A津波で流されてしまった都市の跡地、B津波が乗り越えた小島、C7万本の松が流された跡地、D廃墟になった建物群、ここらあたりが世界遺産になれば、観光名所になるんじゃあないでしょうか。現在すでに、跡地を見に来るツアーもあるそうですから。

 災い転じて福となす、となれば結構なんじゃがなあ。

posted by 絢 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

津田沼12−29

由香
 じいさん、今朝7時32分の地震も、直下型のような震度2でしたね。

 真下からぐっと持ち上げられる感があったね。11月24日のが、千葉ポートタワーあたりじゃったが、今日のは加曽利貝塚あたりが震源じゃ。
由香
 直下ではなかったためか、すこし横にも動いたように感じました。どちらも震源は80Kmと深いですね。今回のマグニチュードは4,5でした。

 前回は4,9じゃったので、今回はすこしだけ小さいが、同じように感じたね。
由香
 千葉市から茨城県にかけての直下の深いところにずれを起こしやすいプレートがあるということですかねえ。

 深いところでずれるぶんにはあまり影響はないが、浅いところでずれると大きなゆれを起こしかねない。
由香
 今後も周辺の地震情報に注意してまいりましょう。 
posted by 絢 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

津田沼12−28

駅前の事件現場の携帯電話の写真


由香
 このぼやけた写真は何ですか。

 昨日のJR津田沼駅前の、中年男性が死亡していたという現場の写真じゃ。
由香
 警察車両の右にブルーシートが見えますね。

 昨日も言ったが、歩道橋の階段を下りたあたりじゃろう。そこから千葉工大の正門方向にブルーシートが掲げられている。その後ろで、捜査員が現場検証をしているんじゃろうなあ。ブルーシートの前方、公道上も這いつくばるようにして側溝のあたりを数名でのぞきこんでおったよ。
由香
 事件か事故か、まだ詳しい発表がありませんが、今日は爺さんのぼやけた写真を見ていただくだけで終わりましょうか。百聞は一軒に然りですから。

 わしの腕も、いいとは言わんが、PHSのカメラは性能が悪いんじゃよ。
 そもそも、「百聞は一見にしかず」、ではないのかなあ。
 最近の若い人は学力が低下してるんじゃあなかろうか。
由香
 ほかに何か言いたいことがありますか。

 おお、忘れておった、この写真の一番左に写っているヒマラヤスギが、例のクリスマスイルミネーションの木じゃったと思うなあ。
由香
 それでは、本日はこれで。

posted by 絢 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

津田沼12−27

由香
 じいさん、今年もとうとう師走12月になってしまいましたね。

 今日は、12月1日というのにJR津田沼駅前で、いろんなことがあったよ。
由香
 何があったんですか。

 朝7時前にJR津田沼駅前を通ったら、警察がかなり広い範囲で立ち入り禁止にしていた。駅前ロータリーも陸橋も通行しにくくなっていたよ。
由香
 じゃあちょっと、ネットで何があったのか調べて見ましょう。
 じいさん、ありましたよ。この下に貼り付けますよ。


千葉県習志野市にあるJR津田沼駅前で、男性が血を流して死亡しているのが見つかりました。警察は、事件の可能性もあるとみて調べています。

 1日午前3時すぎ、JR津田沼駅前を通りがかった男性から、「人が血を流して倒れて
いる」と110番通報がありました。警察などが駆けつけると、津田沼前の南口のロー
タリー付近で50歳から70歳くらいの男性が血を流して死亡していました。警察により
ますと、男性は黒のジャンパーを着て、紺のスウエットズボン姿でした。通報のあっ
た時間は、駅前はほとんど人通りがないということです。警察は男性の身元の確認を
急ぐとともに、遺体を司法解剖して死因を調べることにしていて、事件と事故の両面
から捜査しています。



 へー、こんなことがあったんですか。どの辺にその人は倒れていたんですか。じいさんは、現場を見たんでしょう。7時頃に。

 ブルーシートで覆われた一角があった。それは駅から南口のバス停へゆく陸橋があるじゃろう。それが千葉工大の正門方向へ延伸されたろう。
由香
 千葉工大方向へ伸ばされましたね。エレベーターまで設置されましたね。

 エレベーターの前の階段を下りると千葉工大の正門の方へ出るじゃろう。そのあたりがブルーシートで隠されていた。階段を下りたあたり、ちょうど信号を渡ったあたりが倒れていた場所だと思うよ。
 警察車両では「事故」という電光の表示があったので、交通事故かと思って、壊れた車を探したが、それらしい車は1台もなかった。だから事故ではないという予感があった。
由香
 死んでいる人がいたんですから、今後事故か事件かがわかるでしょう。
 駅前でいろんなことがあったというもう一つは何ですか。

 夜、南口からすごいイルミネーションが見えた。びっくりしたよ。千葉工大が線路に面した敷地内に巨大なクリスマスイルミネーションを造っていたんだ。
由香
 それもネットで調べて見ましょう。旧鉄道隊の門のある方ですね。
 出てきましたよ。これも下に貼り付けましょうね。


本日、11月21日(水)より来年2月中旬までの毎日16:30〜24:00、津田沼キャンパス
の部室棟跡地にありますヒマラヤ杉(約25m)に、クリスマス用の電光装飾を行いま
す。
習志野市の玄関口に立地するロケーションを利用して、本学学生・教職員のみなら
ず、習志野市民の皆様に対しても、大学の沿道緑地と共に、このツリーにより少しで
も心を癒していただきたいと思います。
電光装飾は、LED電球を白色10,000球、赤・緑色を2,500球、合計12,500球を設
置します。電力量は900Wで、太陽光エネルギーで賄います。
2月中旬までこの電光装飾をお楽しみください。


 写真も出てきました。壮大な大きさですね。
 11月21日からやっていたそうですよ。

 写真を見たい方は下をクリックしてください。千葉工大のサイトが出てきます。

 http://www.it-chiba.ac.jp/topics/2012/11/post_83.html


 

 時々駅前を歩いているが、今日まで気がつかなかった。いつも下を向いて歩いておるからじゃろうか。
 今日は、朝の事件現場を確認しようと周囲を見ながら歩いておったから気がついたんじゃろう。
由香
 25メートルの高さは、はんぱじゃないですね。私も明日の夜さっそく見に行ってみますよ。津田沼名物になりそうなビッグなイルミネーションになりそうですね。



posted by 絢 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。