2013年07月28日

津田沼13−11

由香
 じいさん、習志野高校で起った傷害とタクシー強盗事件について市のホームページに出ていたことを転記しますよ。青い部分は7月9日、茶色の部分は7月26日付の公表部分です。


このたび市立習志野高校で発生しました事件に関し、その後の対応等につきまして市民の皆様に報告申し上げます。                                         
 去る6月28日(金曜日)には、習志野高校において、臨時全校集会を実施しました。この集会の中で、学校長より、事件の概要を説明するとともに、当事者生徒を含め、すべての生徒にとって望ましい人間関係を築き、目標をもって学校生活を送ることの大切さを改めて伝えました。
 また、6月29日(土曜日)には全校対象の臨時保護者会、7月6日(土曜日)には2学年対象の臨時学年保護者会を実施し、事件の概要と今後の学校での対応について説明しました。
 今後、学校とともに、教育委員会としましても、当事者となった両生徒が一刻も早く通常の生活に戻れるよう全力を尽くすとともに、全校生徒の心のケアに努めるため、関係機関と連携を密に対応してまいります。  習志野市教育委員会



更新:2013年7月26日

平成25年6月27日(木曜日)に発生した事件に関連し、「いじめアンケート」の実施等、事後の対応についてご報告いたします。

経過報告事件発生後、習志野高校においては次のような事後対応をしてきました。
(1)平成25年6月28日(金曜日)臨時全校集会の実施
(2)平成25年6月29日(土曜日)臨時保護者会の実施
(3)平成25年7月 6日(土曜日)2学年臨時保護者会の実施
(4)平成25年7月 9日(火曜日)全校生徒対象の「いじめアンケート」実施
(5)平成25年7月11日(木曜日)3学年臨時保護者会の実施 
(6)平成25年7月17日(水曜日)全校生徒対象の聞き取り調査の実施
(7)平成25年7月21日(日曜日)PTA臨時理事会実施

調査実施内容(1)全校生徒対象「いじめアンケート」の実施
  目的  学校生活での、これまでのいじめに係るすべての事案を把握するため。
(2)全校生徒対象「聞き取り調査」の実施
  目的  加害生徒と関連があるかどうかについて確認するため。

調査結果(1)教育実習生が加害生徒の名前を間違えて呼んだことに対し、笑っている生徒がいた。
(2)「体育の授業終了時に、加害生徒が被害生徒にぶつかられてきたことが不快であった。」と加害生徒が言っていた。
(3)「加害生徒の服装について、からかいがあった。」と別の生徒から聞いた。

 アンケートや聞き取り調査の回答から、「からかい的な事実」はあったものの、継続的に行われているものではなかったと判断しています。

 今般の事件発生に対して、保護者並びに地域関係者の皆様に、ご不安とご心配をおかけいたしましたことを重ねてお詫びいたしますとともに、今後、学校と連携を図りながら、再発防止と生徒の心のケアに向けて対応してまいります。
 習志野市教育委員会



 これだけではどうしてあんな事件が起ったのかよくわからん。もっと内容のあることを公表してほしいなあ。
由香
 そういえば、きのうは高校野球の千葉県大会の決勝で習志野高校は負けましたね。わずか1点差でした。

 事件も残念じゃし、決勝で敗れたのも残念。習志野高校にとっては、最悪の夏になってしまったなあ。
由香
 事件の続報を待ちましょうか。
posted by 絢 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

津田沼13−10

由香
 じいさん、ご無沙汰ですね。

 最近は、話すこともなくなって、ご無沙汰しておる。しかし、ネットで読んだ「週刊文春WEB」
の話には腹が立った。
由香
 ミキティの出産に関するアンケートについてですね。

 女性が出産するかどうか、男性の名前を公開するかどうか、スポーツを続けるかどうか、すべて個人の自由勝手な話じゃ。週刊誌が、良いか悪いかアンケートをとるなんて、おこがましいにもほどがある。
由香
 マスコミの横暴という以外何もありませんね。何様だと思っているんでしょうね、文春は。、この問題に対して週刊文春が謝罪するのは当たり前ですが、その内容に対してもう1度、怒りの声を挙げさせて貰います。

 ネットに出ていた文章をコピーさせていただく。著作権に違反していると思うが、そのまま出させていただく。書いた人の名前を忘れてしまったんじゃ。



「  引っかかったのはこちらの文章。

このアンケートに関して不快な思いを抱かれたすべての方にお詫び申し上げます。今回のアンケートは中止させていただきます。ご回答をいただいた皆様にお詫び申し上げます。
出典:安藤美姫選手出産アンケートについて週刊文春より


謝罪する相手が違う。

まず謝らなければいけないのは、安藤美姫さんとその子どもに対してです。

「出産を批判しているような印象をあたえてしまいました」などと誤魔化すような書き方をしていますが、お前らは批判したんですよ、出産を。あの「安藤美姫選手の出産を支持しますか?」というアンケートで。

「そのつもりはなかった」と言い訳するかもしれませんが、「出産を支持しますか?」と問いかけた時点でおわってるんです。この問いは言い換えれば「安藤美姫さんの子どもが産まれてきて良かったですか?」と聞いてるようなものなんですよ。どれだけ失礼なことか分かってますか?

だから「アンケートに関して不快な思いを抱かれたすべての方」なんてどうでもいい。「ご回答をいただいた皆様」はもっとどうでもいい。まず謝るべき相手はこの世に産まれてきた子どもとその子を産んだ母親に対してです。

ボクらは不快に思っても、こうして怒りの声を挙げることができる。けれども安藤美姫さんは話題になるのを恐れて反論できず一方的に傷つけられるだけですし、なにより産まれてきた子がこんなアンケートが実施されたことがあると将来知ったとき、どれだけその心が傷つくか。そのことを人の親として考えたことがあるのか。

ボクは週刊文春に勤める人間すべてと、編集長の新谷学氏にそう問いたい。
編集部の上の人たちも了承した上で、公開したんでしょう。常識を欠く集団だと言われても仕方ありませんね、文春は。  」



由香
 この文を書いた人の名前がわかりませんが、全くそのとおりです。文春の責任者は責任をとって辞表を出すべき内容です。

 思い出した。篠原修司という人じゃ。勝手にコピーして申し訳ないが、文春の横暴を広く伝えるためじゃ。篠原氏のおっしゃるとおりじゃ。
由香
 責任を取る人が出ない限り文春の不買運動をすべきだと思いますね。
posted by 絢 at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。