2006年11月15日

わいがや通り2


 それではここで問題です。昭和3年に描かれた松井天山の絵図には、みはし湯は何と書かれていたでしょう。
由香
 たしか、ぼたん美容院は「女髪結牡丹」と書かれていたんですよね。銭湯は昔は何といったのかしら。
 私は、「みはし温泉」にします。正解は何ですか。

 絵図には、「美葉志湯」と書かれていた。
由香
 それじゃ今と同じじゃないですか。経営しているのは、たしか三橋さんですよね。

 この辺では三橋は、「みつはし」と読んで、「みはし」とは読まない。しかし、銭湯の名前は「みはし湯」になっているんだね。絵図では当て字になっているのか、当時本当に美葉志と書かれていたのかは、わしゃ知らんよ。
由香
 現在のみはし湯は、入口に名前を書いていませんね。
 ほかの銭湯は、絵図では何と書かれていますか。

 絵図を見ると、国道14号沿いの、例の瀬山家の手前に銭湯があったようで、「長左衛門湯」と書かれている。
由香
 鷺沼温泉は何と書かれていますか。そもそも、80年前に鷺沼温泉はあったのかしら。

 現在の鷺沼温泉に該当する場所に、絵図には、ただ単にカタカナで「ユヤ」と書かれているだけだよ。
由香
 ユヤは湯屋だから、銭湯があったんでしょうね。

 絵図では、三ヶ所とも建物の裏手に煙突が立っていて、煙を吐いている絵が描かれているから、銭湯に間違いないよ。
由香
 どうして、同じ銭湯なのに、表現が違うんですか。

 それは前に説明しただろう。思い出してくれよ。
posted by 絢 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。