2007年06月03日

国道14号38(大正6年の大津波)

(2017年 注 船橋西図書館はJR西船橋駅東側に移転しました。)
由香
 爺さん、こんなコメントが入りましたよ、「 先週 船橋市東中山の木造住宅耐震補強の現場監督に行った時、家主の85歳のおばあさんから、大正6年に大津波があって、近くまで浸水したとの話を聞きました。過去に東京湾では大津波は無かったと思っていましたが、、地震ではなく、台風が原因の津波と聞いて理解できました。 この様な過去の災害を知っている人は凄く少ないと思っていますが、上記情報はどこに行けば入手できるのでしょうか? 」
 何か、この方に教えてあげられることはありますか。

 おおそうか。大正6年の大津波のことか。それなら、船橋西図書館の、3階にある郷土資料室へ行きなされ。外階段からしか3階へは行けないから、気をつけてくれよ。
由香
 船橋西図書館て、どこにあるんですか。

 JR総武線、西船橋駅と京成西船駅との中間にある。どちらからでも、徒歩3分程度で、近いよ。
由香
 駐車場はあるんですか。

 駐車場は全くないから、電車でしか行けない。
由香
 周辺にコインパーキングはないんですか。

 車で行ったことがないんでよく知らんが、探せばあるじゃろう。しかし、電車の方が便利じゃよ。
由香
 それで、3階の郷土資料室で、どのように探せばいいんですか。

 ここの郷土資料室は千葉県で最も優秀じゃ。郷土資料室にいる館員に聞けば、すぐに探してくれる。
由香
 館員も知らないかもしれませんから、何か手がかりをお願いします。

 それならこのブログの平成18年、7月19日、8月9日、12月5日、平成19年、1月25日、2月20日に、分散して話しておるので、振りかえってみてほしい。それらを見てもらえれば、資料名が書かれているよ。
由香
 当時の新聞はどこで見られますか。

 県立千葉中央図書館で、マイクロフィルムが見られるよ。
由香
 このブログの左の、ブログ内検索に、「大正6年」と入れれば、上記の日付が出てきますね。

 大正6年の大津波に関心を持たれる方が、一人でも出てこられたことがうれしいね。習志野カルタにも出るべきものなんじゃが。
由香
 習志野カルタには、本当に重要な歴史の真実を伝えていないところがあるということですね。

 誰も知らないんだから仕方がないね。
posted by 絢 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。