2009年02月22日

津田沼09−12


 先日、JR津田沼駅から谷津図書館の方へ向ったら、何と、畑だったところがバイパスになって、舗装道路が出現しておった。広々として気持ちの良い景色が、だんだん壊されていく。
由香
 たった2年半で、駅の周囲がどんどん変っていってますね。習志野郵便局も、2年半前は、民営化前でしたよね。

 マロニエ道路側の部屋を、以前は市民に、展示会の会場として貸し出してくれていたのが、民営化後は、全く貸してくれなくなってしまったなあ。
由香
 郵便局の向かいの、津田沼中央病院も、建物が新築されて、きれいになりましたね。

 どういうわけか、市内にある病院は次々と新築されていくなあ。この中央病院も、習志野第一病院も、三橋眼科も、新築され、歯科医院もいくつか誕生しておる。
由香
 銀行にとって、健康保険から確実にお金が流れてくる病院は、融資先として安全だと思っているんでしょうか。どこへ行っても、病院がきれいな建物に変っていっていますよね。袖ヶ浦東小学校の前には個人病院が並んでいますが、ここもきれいな建物に建てかえられていますよね。

 できれば、病院建築は、特徴のあるものにしてほしいなあ。明治、大正、昭和初期の病院建築は、文化財に登録されているものがたくさんある。
由香
 どうして、明治、大正、昭和初期の病院建築は文化財になるものが多いんですか。

 明治になってから、西洋医学が日本に入ってきた。当時の医者は、それまでの東洋医学ではなく、最新の西洋医学を学んだ医者であることを示すため、建物を洋風にしたんだ。
由香
 医者は昔からお金持ちが多いですから、明治・大正・昭和初期のお医者さんは、木造ながら洋風の、つまり三角屋根を多用した医院をたくさん建てたということですね。それらが今、文化財として登録されているということですね。一番近くではどこでみられますか。

 船橋市宮本町の旧兼坂医院が残っているよ。大正5年(1915)の建築だよ。
由香
 船橋大神宮の近くですね。

 大神宮のところで成田街道と国道14号の方へ行く道が分かれているだろう。それを成田街道に入って中野木、つまりJR津田沼方面に行く。大神宮を過ぎて数十メートル行くと右手に三角屋根の建物が見えるよ。
由香
 文化財になっているんですか。

 このあたりでは唯一といっていい大正洋風医院建築だが、文化財には指定されていない。所有者の考え方次第だが、残念じゃ。
由香
 取り壊されることもありうるということですね。

 じつは、この旧兼坂医院の近くに、昔から「百万長者の家」と呼ばれた、土蔵造りの、ものすごい古めかしい、迫力たっぷりの家があった。天邪鬼野郎(紋狗悠之輔)さんが、よだれをたらしそうなくらいすごい鬼瓦がのっかっておった。
由香
 見てみたいですね。

 それが、2年ほど前に取り壊されて、跡地が建売住宅群になってしまっている。
由香
 古い建物を残すことは、たいへんなことですからねえ。

posted by 絢 at 09:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三寒四温そのものっていう感じの陽気ですが、ふところは真冬(笑)
さてさて、どうしましょうと・・・。

いや、もう大変です。仕事の量が、ハッキリ言って無い!!
それでも前向きに頑張らなくては。
のんきなことも言ってられない状況です。今回の話題にもちょっと
触れますが、医療機関は足りないというくらい患者さんで溢れて
います。これからは、花粉症疾患の季節に入りますし・・・。
かく言う私なんか、多少のことならかかりませんが、複雑な疾病も
増えていることも否めませんが、昔に比べてヒトの健康状態が
悪い方へ移行しているような気もします。
(疾病にかかっている方には、苦な発言かもしれません。まずお詫び
:最初にごめんなさい!!)花粉症を例に挙げますと、杉やヒノキ、
排気ガス等々、花粉症患者さんが空気の悪い場所に多いことも
?なものです。花粉の元となる木が多く成育する地方では、
そのようなことも少ない調査結果もでています。外海や山間部等々。
また、食事にも関係してますよね。アレルギーをはじめ昔は、
さほど多くなかったものまで!ヒトの体のつくりが環境や食生活によって変わり始めているのではないのでしょうか・・・?
こんな所にも環境破壊は進んでるのではないのかと思ってしまいます。あくまで、私の主観なので気になられた方、本当にごめんなさい!
ま、私が我慢強いのか、医療費を払うことが大変なのかは別として
(笑)それにしても生活が大変!!嗚呼。
給与日後や、土日に駅前スーパーに行く車の列が気になってた
わいがや通りが、その列も無くスムーズに車が走れるのは幸いなのか
否か。私の仕事がボランティアになってしまわないか心配な
浅い春です。でも、頑張らないと!待っててくれる人がいるから!
Posted by わいがや歩く職人 at 2009年02月22日 22:27
おはようございます。もう、今朝は朝から「憤慨」の嵐です。
朝刊をお読みになって、??と思われた方もいるかと思うのですが。
@読売新聞朝刊 京葉版掲載記事

例の如く:始めに”御免なさい”です。

「習志野市のプレミアム商品券」六月発売との記事。
緊急経済対策の一環ということですが、市は何を考えているのか
意図することがわかりません。一万円分の商品券に一割り増しという
のは判るのですが、なぜ商品券でなければということです。
また、購入者は習志野市在住者で、ひとり3セット(限定一万セット)。
市は、まだ状況を飲み込めてないのですかね?
たとえ¥1000のプレミアが付いても、金を配るからそれで
市内で買い物してくれというやり方・・・。民間ではリストラや
減給が当たり前だというのに、なぜ市はリストラや減給また、経費
削減及び廃止の無駄づかいの見直し実行が出来ないのか?

なんというか。あきれてしまいます。とても恥ずかしいことですが、
今月の私の収入(経費込)¥30,000です。!!
この先判りません!なのにこんなもの買えっていうようなやり方に
・・・あきれて!
ま、私の仕事に対する努力が足りないのが、第一の原因ですが。

さらに共通商品券といえど、(以前発行されたものや、ご高齢者様
に祝い金としての商品券など)市内であっても使えない店舗や
施設があるのも気がかりです。

私の収入は、さておき(哀しみ笑い)、どう思いましたか?商品券!

(なんか朝から本当に ごめんなさい。)
それでも前向きに頑張らなくては!!

Posted by わいがや歩く職人 at 2009年02月24日 05:16
偶然、このHPを拝見しました。興味深いタイトルが沢山あってクリックを何個かしてみましたが今はサービスが途絶えているようですね。残念です。
Posted by おこたん at 2015年06月30日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。