2011年05月20日

津田沼11−26

菊田神社の灯篭

由香
 この写真は、菊田神社の琴平宮の灯篭ですね。あっちこっちに、散乱するように落ちていますね。写真では見えない、向こう側にも落ちているんですね。台座が欠けたり、台座ごと落ちたりしていますね。

 一対の灯篭が、両方とも崩壊している。
由香
 個人の家の庭にある灯篭も、倒れているものがたくさんありましたね。

 そういう傾向から考えると、東漸寺の墓地の墓石が、一つも倒れているものが無かったのは、不思議じゃなあ。
由香
 菊田神社は、その昔、菊田川の中洲に造られたと伝承されていますから、地盤がゆるく、振動が増幅された結果、鳥居、灯篭、石造りのお宮が倒れたんじゃあないんでしょうか。

 東漸寺も、コンクリートの山門が、崩壊寸前になって、撤去されてしまった。なのに、ピラミッドのように積み上げられた古い墓石の塔は、崩壊しなかった。
由香
 山門は、屋根が重く、重心が高いので、振り回されるようにゆれたと思われます。ピラミッド型のように、下へ行くほど重くなる構造の墓石は、上のほうが振り回されることがなかったといえますね。

 墓石が倒れるタイプのゆれもあるかと思うと、今回のように、墓石が全く倒れないタイプのゆれもあるということじゃなあ。
由香
 直下型のように、下から突き上げられるようなゆれは、墓石を倒しますが、今回のように、左右に激しくゆれるだけの振動だと、重心の低い墓石は倒れないということですね。

 灯篭、鳥居、山門は、どれも重心が高そうじゃ。
由香
 瓦屋根の家は、瓦が重いので、重心が高くなり、上のほうが激しく揺れたと言えそうですね。

 普通の墓石は、下のほうが重いので、上の部分はあまりゆれなかったということかなあ。
由香
 宝筺印塔(ほうきょういんとう)は、灯篭のように、不安定に見えますが、一つも倒れていませんでしたね。

 宝筺印塔は、灯篭よりも、重心がかなり低かったということになるね。


菊田神社参道の灯篭
posted by 絢 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。