2007年08月18日

津田沼発6

由香
 爺さん、今日は朝から何回も地震がありましたね。

 千葉県の東方沖の海底で何回も地震が発生しているらしい。
由香
 地震のエネルギーがこうやって少しづつ発散されているんならいいんですが、大地震の前兆ならこわいですね。

 今の科学では地震の発生は予見できない。地震が起こったときの対処を考えておく方が賢いぞ。水を確保し、懐中電灯、携帯ラジオを用意することじゃ。
由香
 それにしても、地震があると、いつも不思議なことがあるんです。

 前兆現象があるんだろう。空に変な雲が現れるとか、ミミズが大発生するとか、なまずがあばれるとか。
由香
 そんなんじゃないんです。今日の報道では、千葉市の中央区と船橋市が震度3でしたが、習志野市は震度2でした。
 私はいつも不思議に思うんですが、千葉市と船橋市が震度3のときに、習志野市はいつも震度2なんです。両市にはさまれている習志野市が、いつも震度が一つ小さいんです。これはどういうことなんでしょうか。

 習志野市の震度計はどこにおいてあるんじゃろうか。あまりゆれないところにあるんじゃなかろうか。
由香
 地盤に関係ありませんか。

 習志野市、とくに津田沼は縄文時代の沿岸流によって運ばれた砂が堆積した地盤なんじゃ。ようするに分厚い砂浜がそのまま隆起したような地盤が、国道14号から内陸部に広がっているということじゃ。
由香
 砂地は液状化現象を起こすんで、危険なんじゃないですか。

 これは二つの考え方がある。砂の層が分厚いと下のほうでゆれても、砂の層がゆれを吸収してくれるという考え方がある。津田沼はかって、農業収穫高の8割以上が畑作物であったように、水田には適さない、つまり砂が水を通してしまう地盤なんじゃ。そんなわけで、砂が地震のエネルギーを吸収するんで、習志野市の震度が周辺より低いのかもしれん。
由香
 砂が厚いということは、液状化の危険があるということではないんですか。

 もう一つの考え方は、由香ちゃんが言うように液状化の問題じゃ。
 しかし、習志野市では、埋立地である袖ヶ浦団地より海側には液状化の危険信号を出しているが、津田沼には出していない。
由香
 埋立ではなく、純粋に砂の層が分厚いと、液状化のおそれはないということですか。

 地質の専門書にはそう書いたものもある。いずれにせよ、千葉市と船橋市の中間にある習志野市が、いつも両市より震度が低いということに由香ちゃんが気づいているということのほうが、わしには重要に思えるよ。
由香
 過去の震度の記録を習志野市が精査して、この現象の理由を解明してほしいものですね。
posted by 絢 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

津田沼発5

由香
 爺さん、コメントが入っていましたよ。津田沼を考える懇談会のお誘いですよ。

 それはありがたいことじゃ。津田沼は軍都として、戦前はたいへん有名な町じゃったが、戦争が終わると誰も戦争のことに触れなくなった。軍都としての歴史も語られることがなくなってしまった。これはたいへん残念なことじゃ。懇談会で、津田沼の歴史を見つめなおす機会を持っていただきたいものじゃ。
由香
 爺さんは参加されますか。

 お誘いは誠にありがたいが、今のところ参加はできそうにない。
由香
 なにか懇談会に協力する気はないんですか。

 懇談会の日時が決まったら、ここにコメントを入れていただいて結構じゃ。コメントを読まれた方が、参加するかもしれんじゃろう。
由香
 広報の手段に使っていいというんですか。それは、お役に立つかもしれませんね。懇談会の日時、場所が決まりましたらぜひコメントをくださいね。

 それにしても暑いなー。何とかしてほしいよ、この暑さ。
posted by 絢 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

津田沼発4

由香
 爺さん、なにか夏らしい話がありませんか。

 そういえば、昨日の11日に、千葉工大の横を歩いていたら、クマゼミが鳴いておった。
由香
 関西以西からきているという大型のたいへんうるさいセミですね。

 毎年一匹づつ発見している。
由香
 クマゼミを知らない関東人が鳴声を聞いてもクマゼミとは、わからないでしょうね。

 そうかもしれん。関西以西に長くいたことがないと、鳴声を聞いただけで判別することはむずかしいかもしれんなあ。
由香
 九州・関西方面から樹木が移植されてくる東京の再開発地に、たくさん発生するそうですね。

 移植する土の中に幼虫がいるらしい。
由香
 クマゼミは手でつかめますか。

 関東のミンミンゼミ、アブラゼミに比べると大型で、力もかなり強い。慣れてないと、こわくてつかめんかもしれん。
由香
 大型の昆虫はクワガタでも人気がありますから、増えてくると人気がでるかもしれませんよ。

 ところで、秋津の方へ行くと、セミの声がほとんどしないね。
由香
 埋め立て地には、セミが少ないのかしら。

 セミが地中にいるのは7年じゃ。秋津が住宅地になってからかなり経つ。もうセミが、いっぱい鳴いていても、いいんじゃなかろうか。
由香
 それなのにセミが少ないというのは、幼虫が地中に7年いる間に、地下の埋立物からガスでも発散されてくるのかしら。

 袖ヶ浦西近隣公園の松林にはセミがたくさんいるから、秋津にはこれから徐々に移っていくんじゃろう。京葉道路を越えるセミが、まだ少ないんじゃろう。
由香
 そうであればいいですね。
posted by 絢 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

津田沼発3

由香
 爺さんどうしました。

 緊急警戒警報じゃ。
由香
 何のことですか。地震ですか。

 空き巣じゃ。
 7月末からの数日間に津田沼とその周辺で空き巣が多発しておる。
由香
 どういう状況ですか。

 午後7時頃、買物に出かけた1時間の間に、窓を割られて入られたり、2階に人がいるのに、1階に入られたりしておる。
由香
 午後7時頃ですか。

 不思議なことに、みんな午後7時から8時頃に入られておる。男が数人で入っているのが目撃されておる。
由香
 つかまっていないんですか。

 つかまっていないようじゃ。
由香
 午後7時頃じゃ、まだ早い時間帯なので、男が数人で逃げていても変に思いませんよね。深夜早朝じゃ、目立ちますよね。

 窃盗グループが、このあたりにやってきて、人がいない家にめぼしをつけて、いっきに入っていっておるようじゃ。
由香
 しばらくすると、次の都市へ移っていくんでしょうね。

 とにかく、夕暮れ時に、人が誰もいない状況をつくらんように。出かけるときは、室内の明かりをつけたままにしたほうがいいぞ。
由香
 とにかく、このブログをご覧の津田沼周辺の皆様は、お気を付けください。

 わしが、こんな話をするころには、もう次の町へ行ってしまっているかも知らんなあ。


posted by 絢 at 22:22| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

津田沼発2

由香
 爺さん、どうしましたか、最近ごぶさたですね。

 やっと梅雨が明けて暑くなった。しばらく夏休みじゃよ。
posted by 絢 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

津田沼発1

由香
 津田沼に住んでいる人に耳寄りな情報はありませんか。

 津田沼に住んでいて、いいことといえば、秋津のサッカー場と野球場かなー。
由香
 サッカー場と野球場なんてどこにでもあるでしょう。

 サッカー場では全日本の代表チームが、海外遠征の直前合宿を行うんじゃ。今やっているアジア大会の代表チームも、秋津のサッカー場で合宿をしてから旅立っていったんじゃ。
由香
 そうすると、オシムジャパンの選手が見られるんですか。

 秋津のサッカー場のゴールの後方は、スタンドがないからいくらでもみられるよ。日本代表はここで、地元の高校や大学のサッカー部と練習試合をしてから海外遠征にいくんじゃ。
由香
 そうすると、サッカーの日本代表が直前合宿に入ったというニュースを聞いたら、秋津のサッカー場にくればいいということですね。

 冬には、全国高校サッカーの1回戦と2回戦が秋津で行われる。12月28日とか29日あたりになると、トーナメント表ができあがるので、秋津で行われる試合の情報を得ておくといいよ。ゴール後ろで見れば、ただで見られるし、入場料を払ってスタンドで見るのもいいね。
由香
 高校野球の千葉県大会も1回戦と2回戦が秋津で行われるんですね。今年は習志野高校は、3回戦くらいで負けてしまったようで残念ですね。
posted by 絢 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

国道14号11

由香
 爺さん、爺ーさん。いつまで寝てるんですか。

 何じゃ、うるさいな。
由香
 爺さんのホームページがいいというコメントが入っていますよ。初めてホームページを誉められたじゃないですか。

 そうか、それは良かった。お休み。
由香
 お休みはないでしょう。何かお返しのお言葉はないんですか。寝ている場合じゃないでしょう。

 誠にありがとうございました。これからもよろしくお願い申し上げます。
由香
 それだけですか。次の話はないんですか。鷺沼にあった伊藤飛行機研究所の話をお待ちになっている方もおられますよ。

 春眠あかつきを何とやらで、最近眠たくて仕様がない。
由香
 まだ春眠には早いでしょう。2月ですよ。痴呆か脳溢血の症状が現れてきたんじゃないんですか。

 そうかもしらんが、とにかく眠い。
由香
 マルエツからもう少し、国道14号を先に進みましょうよ。

 少し進むと信号がある。そのあたりに、神の台のバス停があったんじゃ。
由香
 何のお話でしたっけ、神の台って。
posted by 絢 at 22:06| Comment(3) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

国道14号6

由香
 次はどんなお話ですか。

 そろそろ津田沼街道の話も終わりに近づいてきたようだな。
由香
 まだ鷺沼までは1キロ近くありますよ。

 もともと、JR津田沼駅から鷺沼までは3キロほどの距離しかない。それを8ヶ月近く話してきたんだから、鷺沼の話もかなり出ている。
由香
 市が発行している本には出ていないことを探して、ここまで続けてきたんですから、ご苦労様でした。今後は、更新の回数を減らして、ごゆっくりしてください。

 お言葉に甘えて、これからはゆっくりさせてもらうよ。

posted by 絢 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

国道14号5

由香
 自分の本ではなくて、自分の絵本なんですよ。去年の夏にできたんですよ。

 どこにできたんじゃ。
由香
 タイガーの並びにあるビデオのレンタル店の南側に、細い細い道があるんです。そこを入っていくとあるんです。

 あんな道、地元の人でも気がつかんぞ。
由香
 赤い屋根に緑の壁の丸太小屋だそうですよ。ログハウス屋さんが、手作り絵本セットを開発して、その丸太小屋の作業台で製作すれば、30分でできるそうですよ。

 30分で本ができるわけなかろう。
由香
 中身はあとで自分でゆっくり描きこんでゆけばいいんです。アルバムにしてもいいんです。とにかく絵本の形ができるんです。表紙の絵や、中身はあとで自分で作るんですよ。5年かけて開発したそうですよ。

 アイデア商品じゃな。津田沼に新しいお店ができるのは、よいことじゃ。
由香
 お店の名前は、手作り絵本館、「にゃ〜トピア」といい、4歳から絵本を作れるそうですよ。ホームページもありますから、ぜひご覧になってください。

 わかった。見ておくよ。
posted by 絢 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

国道14号4


 次はどんなお店を紹介してくれるのかな。
由香
 特徴のあるお店といえば、ベルトリーでしょうか。

 アンポンタンの先の小さい信号から、50メートルほどのところにあるお店じゃな。何のお店じゃ。
由香
 額縁屋さんです。

 公民館へ行くと、絵画や書道のたくさんのサークルが登録されている。各公民館ごとに、たくさんのサークルがある。この人たちが、発表会をいろんなところでやっておる。
由香
 作品を発表するには、額がいりますね、書道なら表装しますね。

 だから、以外と需要は多いんじゃないかな。
由香
 ホームページを見ると、1990年の創業らしいですね。

 若い男性が一人で、製作から販売までやっておられるように見うけられるね。
そう言えば最近、自分の本を製作する本屋さんができたと聞いているが。
posted by 絢 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

冬休み6

あけましておめでとうございます。
本日は朝から菊田神社へ初詣に行き、東漸寺に、ご先祖のお墓参りに行って参りました。津田沼の旧家の方なら、どちらにもお参りされているはずです。
posted by 絢 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

冬休み5

 2007年、新年明けましておめでとうございます。
 東漸寺の除夜の鐘を聞きながら、新年を迎えましたが、午前0時15分頃で終わってしまったようです。

 皆様にとって、本年がすばらしい年でありますことをお祈り申し上げます。
posted by 絢 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

冬休み4

由香
 本日はお休みです。ホームページあるいは過去のブログをごゆっくりご鑑賞ください。
posted by 絢 at 07:01| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

冬休み2

由香
 爺さんの休み中に、何か気のきいた話をしたいと思いますが、何も浮かんできません。毎年12月15日の広報では、約1500人の職員の給料の詳細が出ています。そこで、問題です。習志野市の職員の17年度の年収の平均はいくらでしょう。
 正解は704万円です。この数字がすぐに出てきた人は、立派です。市民の税金がどのように使われているかを、市民が監視すべきなんです。人件費が支出の3分の1以上を占めているんですから。
 もっと言いますと、16年度は719万円、15年度は735万円でした。少しずつ下がっているのは確かですから、努力しているといって言いと思いますが、平均704万円を皆さんはどう評価されますか。
 習志野市民以外の方は、自分の自治体職員の平均年収を知っている方はどのくらいおられるのでしょうか。
posted by 絢 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

冬休み1

由香
 爺さんは、年寄ですので夏休みも結構いただきましたが、そろそろ冬休みもいただきます。ところで、夏休みのたしか8月15日にお話した、身元不明の女性の件ですが、まだ不明のようです。
 検索窓で、「 習志野警察署 」と入れてください。習志野警察のホームページの、「 情報をお寄せください 」を見てください。そこに、殺人事件の被害者の似顔絵が出ています。
 平成12年に、市内で発生した殺人事件は、犯人が逮捕され、判決も出て、すでに服役していますが、被害者の身元が判明しません。犯行現場の空家は取り壊され、分譲地になり、3軒ほどの建物が建っていますが、仏様の行き場がない状況です。どうして身元が判明しないのでしょうか。
 ひょっとしたら、被害者は中国とか、東南アジア系の女性かもしれません。日本人なら捜索願が出ているでしょう。6年以上も連絡が取れないのに、親族は不自然に思わないのでしょうか。もしお心当たりの方が、おられましたら習志野警察まで連絡してあげてください。
posted by 絢 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

夏休みー15

由香
 まことに申し訳ございませんが、本日も、夏休みとさせていただきます。爺さんは、暑さでグロッキーで、氷枕で休んでおります。
 ホームページをごゆっくり、ご鑑賞くださいと申しておりました。
posted by 絢 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

夏休みー9(被害者は誰)

由香
 今日も爺さんは夏休みで居りません。私から、お話させていただきます。
 
 今日は8月15日です。今日の夕方には、ご先祖様達が、お墓へと帰って行かれます。しかし、市内には一人だけ、行くあてのない仏様がいます。平成12年にあった、殺人事件の被害者の女性です。この事件は、犯人も逮捕され、判決も出て、すでに服役していますが、30歳前後とみられる被害者の身元が、いまだに判明しておりません。
 
 検索窓で、「 習志野警察署 」と入れてください。ホームページが出てきます。その中の、「情報をお寄せください」、を開いてください。この女性の似顔絵が、掲載されています。
 
 「テレビのチカラ」、という番組があります。テレビで、尋ね人探しや、犯人探しをしている番組です。インターネットにはどれだけのチカラがあるんでしょうか。このブログをご覧になった方が、方々で、平成12年の初め頃から、行方不明になった女性についての情報を流し、被害者の身元を、判明させるだけのチカラがあるんでしょうか。インターネットにそんな力はないんでしょうか。それはともかく、いまだに帰る場所もなく、さまよう仏様のために、どうかご協力ください。
 
 行きずりの犯行のため、犯人も被害者のことを知らないようです。犯人が被害者と会話をしたかどうかも、私にはわかりません。もし、話をしていたら、日本人か外国人かの区別くらいわかると思います。警察のホームページの情報ではよくわかりません。
 
 警察の黄色いテープが、現場に張り巡らされていた当時のことは、今もよく覚えています。犯行現場の空家が取り壊され、新しい建物が建ってしまっている今も、その前を通るたびに、被害者の身元が判明しただろうかと、思い出してしまいます。この話を、お聞きになった方々も、ときどきは、習志野警察のホームページで、私と同じように、確認してあげてください。南無阿弥陀仏。

 本日のお話は、以上です。
posted by 絢 at 07:52| Comment(1) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

夏休みー7(くまぜみ)


 今日も暑くなってきたな。朝、近くの公園を通ったらクマゼミが鳴いていたよ。数年前からいたが、定着してきたようだね。
由香
 クマゼミがどうかしたんですか。

 クマゼミは気温の高い関西にはたくさんいるが、箱根を越えることができないといわれていた。ところが、地球温暖化の影響か、かなり以前から伊豆半島ではクマゼミが見られるようになり、東京や千葉県でも、数年前から鳴声が聞かれるようになった。
由香
 クマゼミが関東に進出したからって、世の中何か変わることがあるんですか。どうでもいいじゃないですか。

 それがあるんだよ。クマゼミは、関東地方にいるミンミンゼミやアブラゼミよりはるかに体が大きく、繁殖力も強いから、近い将来、関東地方のセミの鳴声もクマゼミが中心になってしまう可能性が高いんだ。
由香
 セミの声が入れ替わったからって、なんだというんですか。私の夏休みには影響ないでしょう。

 あると思うよ。クマゼミは大繁殖して、1本の木に100匹くらい止っていることは珍しくない。体が大きいので、鳴声は関東地方にいるセミの数倍大きい上に100匹が合唱すると、たいへんなうるささになる。そのうえ、夜明けと同時に鳴き始めるので、夏になると、朝から晩までたいへんにうるさい夏休みになってしまうんだよ。
由香
 関西の夏休みは、セミでうるさいんですか。

 関西で生まれ育った人は、夏休みといえば、朝から晩まで1日中、シャンシャンシャンシャンというクマゼミの鳴声のなかですごすものだと思っている。関西の人が、大人になってから関東に住むと、なんて静かな夏なんだろうと思うのが普通だよ。あまり静か過ぎて、夏という感じがしないんだよ。
由香
 大都市でもそうですか。

 クマゼミは大阪のような大都会の、街路樹という街路樹に、何十匹ととまっていて、シャンシャンシャンシャンと大合唱しているから、どこへ行ってもクマゼミの声から逃げることはできないよ。
由香
 地球温暖化を何とかしてください。うるさい夏休みなんかいやです。静かがいい。クマゼミ反対運動を起こしましょう。

 もう手遅れかもしれないね。
posted by 絢 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

夏休みー4(番外編)

由香
 ホームページって何を書いているんですか。得意の歴史物ですか。

 演題だけ並べさせてもらおうか。
1 超初心者のための借金問題講演会
2 初心者のための借金整理講演会
3 借金整理中級講演会
4 ユーザー車検失敗談
5 気分転換のための北海道旅行の写真
6 助産婦さんでの出産体験記
7 自動車をただで手に入れる方法
8 ゴルフ歴2年でホールインワンのお話

由香
 なんですかこれは!! 歴史のれの字もないじゃないですか。

 人生いろんなことをやってみないと、つまらないじゃないか。
由香
 みなさん、夏休みです。お時間のある方は、読んでみてください。

 また暑くなってきたな。少し休むよ。

posted by 絢 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

夏休み


 毎日暑いのう。すこし休むから、ホームページでも見ていてくれよ。夏休みじゃ。
由香
 ホームページはどこにあるんですか。

 プロフィールのところから入ってくれ。
posted by 絢 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。